カッチ語映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カッチ語映画
Kutchi cinema
Indian Cinema Barnstar.png

カッチ語映画(カッチごえいが、Kutchi cinema)は、インドの映画のうちカッチ語で製作された映画であり、グジャラート州カッチ県に拠点を置く映画産業を指す。2010年公開の『Haarun Arun and Heda Hoda』はカッチ語映画として初めて国際的な映画賞を受賞した作品となり[1]、2013年公開のグジャラート語映画The Good Road』ではカッチ県が題材に選ばれ、同作は第86回アカデミー賞アカデミー外国語映画賞インド代表作品にエントリーされている[2]

主な作品[編集]

  • Kam Ja Kuda(2015年)
  • Tran Tapori Chotho Chor(2015年)
  • Kutchi No. 1(2015年)
  • Navda Natta Malen(2016年)

出典[編集]