カシミール語映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カシミール語映画
Tulu Cinema
Aatish e kashmir.JPG
『Aatish-e-Kashmir』の撮影風景

カシミール語映画(カシミールごえいが、Kashmiri cinema)は、インドの映画のうちカシミール語で製作された映画であり、ジャンムー・カシミール州に拠点を置く映画産業を指す[1]。1964年公開の『Mainz Raat』が最初のカシミール語映画であり[2]カシミールボリウッド映画の撮影地として活用されてきた[3]。カシミール俳優のラージ・クマール、ジーヴァン英語版キラン・クマール英語版、ターリク・シャー、サンジャイ・スリ英語版ラフール・バット英語版、アーミル・バシール、ミール・サルワール英語版はボリウッド俳優としても活動している[4][5]

映画[編集]

長編映画[編集]

1964年に初のカシミール語長編映画『Mainz Raat』が公開され、1972年にメヘジュール英語版を題材とした伝記映画『Shayar-e-Kashmir Mahjoor』が公開された。同作はジャンムー・カシミール州情報省とインド人映画製作者プラバート・ムケルジーの共同製作映画であり、カシミール語とウルドゥー語で製作されている[6]1998年ワンダマ虐殺英語版を題材とした『Bub』はナショナル・フィルム・アワードナルギス・ダット賞 最優秀国民統合長編映画賞英語版を受賞し、1989年製作の『Inqalaab』は同年に発生したジャンムー・カシミール州暴動英語版が原因で公開されず、この事件をきっかけにカシミール語映画の製作が禁止され、非公式に同州でのボリウッド映画の上映も禁止された[7]

2006年に公開されたミール・サルワール英語版主演の『Akh Daleel Loolech』は、インドで公開された最初のカシミール語デジタル長編映画となった。同作はアールシャード・ムスタクが監督し、19世紀のカシミール人の社会闘争・政治闘争を題材としている[8]。2012年には初のカシミール35mm長編映画『Partav』が公開され、同年にはシュリーナガルダル湖英語版を舞台にした恋愛映画聖者の谷』が公開されている[9]。2016年にはフセイン・カーンが監督・プロデューサーを務めたヒンディー語・カシミール語映画『Kashmir Daily』が公開された[10][11]

ドキュメンタリー映画[編集]

1952年公開のドキュメンタリー映画『Pamposh』はカシミール語映画として初めてカンヌ国際映画祭で上映された[6]。代表的なドキュメンタリー映画としてアシュヴィン・クマール英語版の『Inshallah, Kashmir』の他に『Papa 2』『Ocean of Tears』が挙げられている。

テレビ映画[編集]

カシミール語テレビ映画は『Rasool Mir』『Habba Khatoon』『Arnimaal』の3本が製作されている[6][12]

劇場閉鎖[編集]

1989年のジャンムー・カシミール州暴動の際、シュリーナガルの7劇場を含むカシミールの劇場が閉鎖された[13]。1998年にジャンムー・カシミール民族協議会の尽力により、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラーの『Kareeb』の上映が許可された。その後も同州での暴動が続いたため、2015年時点でカシミールの劇場は全て閉鎖され海賊版が横行するようになった[14][15][16]

産業復興への道[編集]

カシミール語映画産業復興の課題として、産業の資金不足と政府援助の欠如が指摘されている[17]。こうした中、2014年にアリ・エムランが『水源』を原作としたカシミール語映画の製作を発表した[18]。同年11月公開の『Identity Card- Ek Lifeline』はアメリカ国際映画祭で3つの映画賞を受賞している[19]。また、インド首相ナレンドラ・モディは「カシミール語映画産業の復興は、カシミールの若者に仕事を与えることに繋がる」と述べ[20]、2015年公開の『バジュランギおじさんと、小さな迷子』で主演を務めたサルマン・カーンもカシミール語映画産業の復興の必要性を主張している[21]ジャンムー・カシミール州首相英語版ムフティ・ムハンマド・サイード英語版はヴィドゥ・ヴィノード・チョープラーやインティアズ・アリ英語版などのボリウッドの映画製作者や俳優と会談してカシミール語映画産業の復興を訴え、彼らからの支持を取り付けている[22][23]

出典[編集]

  1. ^ Allen (2004年2月26日). “The Kashmiri film industry”. ABOUT INDIAN CINEMA. 2015年8月11日閲覧。
  2. ^ Akh Daleel Loolech: a reason for Kashmir to celebrate”. Merinews (1909年9月19日). 2015年8月11日閲覧。
  3. ^ Movies Filmed in Kashmir”. Department of Tourism, Jammu and Kashmir. 2015年8月11日閲覧。
  4. ^ Kashmiri actors who made it big in Bollywood”. daily.bhaskar.com (2014年9月17日). 2015年8月11日閲覧。
  5. ^ Kashmiri actors who made it big!” (ラテン語). Zee News (2014年9月11日). 2015年8月11日閲覧。
  6. ^ a b c Altaf, Sana (2012年11月23日). “Kashmir’s film industry longs for life”. DAWN.COM. 2015年8月11日閲覧。
  7. ^ Stay away from immoral acts, warn terror posters in Kashmir : India, News”. India Today (2015年7月24日). 2015年8月11日閲覧。
  8. ^ Kashmir, mon amour - Culture”. The Crest Edition (2011年6月18日). 2011年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月11日閲覧。
  9. ^ Exclusive: After 47 years comes Partav, the first Made-in-Kashmir film in 5 decades : India, News”. India Today (2013年12月7日). 2015年8月11日閲覧。
  10. ^ Kashmir Daily - A mainstream movie based on Kashmir by a Kashmiri Director, http://m.dailyhunt.in/news/india/english/u4uvoice-epaper-uvoice/kashmir+daily+a+mainstream+movie+based+on+kashmir+by+a+kashmiri+director-newsid-54554981 2016年11月11日閲覧。 
  11. ^ Kashmir Daily", The Film, First Of Its Kind In Many Ways – Kashmir Leader”. www.kashmirleader.net. 2016年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月11日閲覧。
  12. ^ Razdan, Vinayak (2004年2月26日). “'Habba Khatoon' of Basheer Badgami, 70s”. searchkashmir.org. 2015年8月11日閲覧。
  13. ^ Forgotten, Forbidden Cinema Culture Of Kashmir”. Jammu-Kashmir.Com Homepage (2012年4月29日). 2015年8月11日閲覧。
  14. ^ Shahid, Mohd. “Cinemas In Kashmir Valley: A Dream For Bollywood & Kashmiris”. Koimoi. 2015年8月11日閲覧。
  15. ^ SENSEX (1977年2月15日). “Kashmir begins to attract Bollywood again; but cinemas still shut due to militancy fears”. The Economic Times. 2015年8月11日閲覧。
  16. ^ Kashmir to miss out Haider that was filmed in the Valley - Latest News & Updates at Daily News & Analysis”. dna (2014年8月1日). 2015年8月11日閲覧。
  17. ^ Kashmiri director wants to adapt 'The Fountainhead' into Bengali film” (ラテン語). Zee News (2014年11月14日). 2015年8月11日閲覧。
  18. ^ Kashmiri director wants to adapt 'The Fountainhead' into Bengali film”. IBNLive (2014年11月15日). 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月11日閲覧。
  19. ^ Kashmir born Bollywood Director on a mission”. kashmirmonitor.in (2015年7月1日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月11日閲覧。
  20. ^ PM spins Bollywood dreams for Kashmir”. The Telegraph. 2015年8月11日閲覧。
  21. ^ Cinema theatres should be re-opened here: Salman Khan praises Kashmir's beauty”. Firstpost (2015年5月19日). 2015年8月11日閲覧。
  22. ^ Now, JandK (2015年5月1日). “Mufti hosts dinner for bigwigs of film industry, asks them to rediscover J&K”. JandK Now. 2015年8月11日閲覧。
  23. ^ Imtiaz Ali: There is much more to show in Kashmir than violence”. NDTVMovies.com (2013年5月17日). 2015年8月11日閲覧。