チャッティースガリー語映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャッティースガリー語映画
Chhattisgarhi cinema
Indian Cinema Barnstar.png
スクリーン 90[1]

チャッティースガリー語映画(チャッティースガリーごえいが、Chhattisgarhi cinema)は、インドの映画のうちチャッティースガリー語で製作された映画であり、チャッティースガル州に拠点を置く映画産業を指す。通称は「チョリウッド(Chhollywood)」。

歴史[編集]

黎明期[編集]

1965年にマヌ・ナヤックが監督・プロデューサーを務めた『Kahi Debe Sandesh』が最初のチャッティースガリー語映画とされている[2]。同作は異教徒間の恋を描いた作品であり、インド首相インディラ・ガンディーも鑑賞したとされており、ハヌマーント・ナイドゥが同作の作詞[3][4]モハメド・ラフィが2曲を歌っている。2本目のチャッティースガリー語映画は、1971年にニーランジャン・ティワーリーが監督、ヴィジャイ・クマール・パーンディ英語版がプロデューサーを務めた『Ghar Dwar』だった。しかし、両作は興行的な成功を収めることができず、その後30年間チャッティースガリー語映画は製作されなかった[5]

現代[編集]

2000年10月27日、サティーシュ・ジャイン英語版が監督・プロデューサーを務めた『Mor Chhainha Bhuinya』が公開され、チャッティースガリー語映画が復活した[6]。同作は200万から300万ルピーの製作費が投じられ、2,000万ルピー以上の興行成績を収めたことでメガブロックバスター作品となった[7]。また同作公開の3日後、インド首相アタル・ビハーリー・ヴァージペーイーがチャッティースガル州の創設を宣言した。2006年公開の『Bhakla』ではラタ・マンゲシュカルプレイバックシンガーとして参加している[8]。両作の成功を契機にチャッティースガリー語映画は映画製作者の関心を集め、『Mayaa』『Tura Rikshawala』『Laila Tip Top Chhaila Angutha Chhap』などのヒット作が相次いで製作された[9]。さらにチャッティースガル州首相英語版アジット・ジョギ英語版などの政治家の関心も集め、映画産業は政府の後援を得ることにも成功した[1]

産業構造[編集]

チャッティースガリー語映画は200万から500万ルピーの製作費で1,000万ルピー以上の収益を上げることが多く、『Maya De De Maya Le Le』『Pardeshi Ke Maya』『Jhan Bhulao Maa Baap Laa』などがこれに当たる[1]。映画製作はチャッティースガル州内で完結し、州外で行われる工程はムンバイ中央映画認証委員会が認証を行う時のみとなっている。また映画のデジタル化が進んだことにより、製作コストが削減され映画産業の収益が増加した。2013年1月20日にデジタル配給会社UFOムービーズ英語版が最優秀デジタル映画ソリューション賞を受賞している[10]

チャッティースガリー語映画には同映画産業に特化した俳優はおらず、主にマラヤーラム語映画グジャラート語映画ボージュプリー語映画英語版の俳優が起用されており、アルン・ゴーヴィル英語版シューバ・チャンドラン英語版ヴァルシャ・ウスガオンカル英語版ガッディ・マルティ英語版などの著名な業界人が製作に参加している[1]。映画の主な顧客はチャッティースガル州内の住民となっており、家族ドラマや神話を題材とした作品が多く製作されている[1]。一方、映画産業の急成長に伴い技術面やストーリーの品質が向上する前に製作本数が増加したことにより、チャッティースガリー語映画の価値は相対的に下がっている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Mishra, Neeraj (2001年11月19日). “Screen Debut”. India Today. http://indiatoday.intoday.in/story/films-in-local-dialect-are-hit-with-audiences-investors-in-chhattisgarh/1/231734.html 2013年9月21日閲覧。 
  2. ^ Castes, India Committee on Untouchability, Economic and Educational Development of the Scheduled; Elayaperumal, L. (1969-01-01) (英語). Report of the Committee on Untouchability, Economic and Educational Development of the Scheduled Castes and Connected Documents, 1969. Department of Social Welfare. p. 37. https://books.google.com/books?id=2NYDAAAAMAAJ. 
  3. ^ “Manu Nayak honoured”. Nav Bharat. (2012年11月28日). オリジナルの2013年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131206054128/http://navabharat.org/raipur-news/social-cultural/27492-%E0%A4%B8%E0%A5%80%E0%A4%8F%E0%A4%AE-%E0%A4%A8%E0%A5%87-%E0%A4%95%E0%A4%BF%E0%A4%AF%E0%A4%BE-%E0%A4%AE%E0%A4%A8%E0%A5%81-%E0%A4%A8%E0%A4%BE%E0%A4%AF%E0%A4%95-%E0%A4%95%E0%A4%BE-%E0%A4%B8%E0%A4%AE%E0%A5%8D%E0%A4%AE%E0%A4%BE%E0%A4%A8 2013年9月27日閲覧。 
  4. ^ P.E.N. All-India Centre, Bombay (1969). “The Indian P.E.N., Volume 35”. The Indian P.E.N. 35: 362. https://books.google.com/books?id=RL1jAAAAMAAJ&q=kahi+debe+sandesh&dq=kahi+debe+sandesh 2013年9月5日閲覧。. 
  5. ^ Ghosh, Avijit. “Chhollywood calling”. Times of India. Times of India. 2010年5月16日閲覧。
  6. ^ Mor Chhainha Bhuinya”. IMDB. IMDB. 2013年9月27日閲覧。
  7. ^ Nahta, Komal (2001年2月9日). “Chhattisgarhi film beats Mohabbatein”. Rediff.com. オリジナルの2013年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131001123421/http://www.rediff.in/movies/2001/feb/09chhat.htm 2013年9月6日閲覧。 
  8. ^ “लता मंगेशकर”. Daink Bhaskar. (2013年3月8日). http://www.bhaskar.com/article/CHH-DURG-c-206-23659-NOR.html 2013年9月19日閲覧。 
  9. ^ Dubey, Amanesh (2012年1月21日). “Laila Tiop Top is a Hit”. Dainik Bhaskar. http://www.bhaskar.com/article/c-16-19163-2775102.html 2013年9月20日閲覧。 
  10. ^ UFO Bags Award”. Boc Office India. boxofficeindia.com. 2013年9月23日閲覧。