インドの命数法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インドの命数法は、インドにおける命数法(数に名前をつけて呼ぶ方法)で、古代インドから現代でもインド、パキスタンバングラデシュネパールミャンマーなどで使用されている。基本的には、西洋で一般的な3桁ごとの位取りや、日本中国などで一般的な4桁ごとの位取りではなく、インドにおいては2桁ごとの位取りに基づく。

この命数法による表記では、基本的に2桁ごと(下3桁のみ例外)の位取りに基づいて点を置く。例えば3カロール(3千万)ルピーと記する場合はRs.30,000,000ではなく、Rs.3,00,00,000とすることが多い。ハザール/サハストル(千)、ラーク(十万)、カロール(千万)で区切っている。

ラークlakh)、カロールcrore)という単語はインド英語では今日でも頻繁に使われている。インドでの英字新聞等でも普通に使用される。なお、英語の綴りと実際の発音とは大きくかけ離れている場合が多い。

呼び方 数字 桁数 西洋の記数法と日本語での命数法による呼び方
एक(Ek) エーク 1 100 1(
दस(Das) ダス 10 101 10(
सौ(Sau) ソウ 100 102 100(
सहस्त्र(Sahastr) サハストル / हज़ार(Hazaar) ハザール 1,000 103 1,000(
लाख(Lakh) ラーク 1,00,000 105 100,000(十
करोड़(Crore) カロール 1,00,00,000 107 10,000,000(千万)
अरब(Arawb) アラブ 1,00,00,00,000 109 1,000,000,000(十
खरब(Kharawb) カラブ 1,00,00,00,00,000 1011 100,000,000,000(千億)
नील(Neel) ニール 1,00,00,00,00,00,000 1013 10,000,000,000,000(十
पद्म(Padma) パドマ 1,00,00,00,00,00,00,000 1015 1,000,000,000,000,000(千兆)
शंख(Shankh) シャンク 1,00,00,00,00,00,00,00,000 1017 100,000,000,000,000,000(十
महाशंख(Mahashankh) マハーシャンク 1,00,00,00,00,00,00,00,00,000 1019 10,000,000,000,000,000,000(千京)

ヒンディー語において、新聞などでパドマ、カラブの単位までは時折使用されるが、それ以上の単位が登場する事はない。またインド英語においては、アラブ以上の単位は通常用いられない。しかしながら、インド数学の古い文書ではニール、パドマ、シャンクが用いられる事も多い。

高桁数の表記の場合は、ラークとカロールを組み合わせて、1ラーク・カロール(一兆、1012)等ということが多い。

ムンバイのギャングなどが話すスラングでは、カロールのことを「コーカー」(khokha)、ラークのことを「ペーティー」(peti)ということがある。

イランでは、50万を表す単語として「コルール」(ペルシャ語:کرور Korūr)を最近まで使用していた。

シンハラ語では、カロールを「コーティヤ」(kōţiya)、ラークを「ラクシャヤ」(lakshaya)と呼んでいる。また、カンナダ語のような他の南インド言語では、カロールは「コティ」(koti)、ラークは「ラクシャ」(laksha)と呼ばれている。

ラークは最近「ラキ(laki)」としてスワヒリ語にも取り入れられている。

関連項目[編集]