麻生邸見学ツアー逮捕事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

麻生邸見学ツアー逮捕事件(あそうていけんがくツアーたいほじけん)とは、「東京都条例違反(無届デモ)及び公務執行妨害」の容疑で3人のデモ参加者が現行犯逮捕され不起訴となった一連の出来事を指す。

概要[編集]

2008年9月24日、麻生太郎内閣総理大臣に就任すると、「麻生首相のお宅拝見」を目的とするリアリティツアーや[1]、2008年10月26日“麻生太郎内閣総理大臣の私邸を見学するツアー”[2]が行われた[3][4]雨宮処凛インタビューによれば、今回の活動に参加したフリーター全般労働組合は、麻生に対して「日教組批判をした中山成彬文部大臣の任命責任」「プレカリアートの生活改善のためベーシックインカムの要求」「戦争と貧困に引き摺りこんでいるアメリカへの戦争協力の中止」を求める団交を、事前に申し入れていたという[5]

一連の活動は、デモ活動を規制する東京都の「集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例[6]」(公安条例)に定める申請を行っておらず、東京都公安委員会の許可を得ておらず[7]東京都渋谷区宇田川町の路上においてパネルを掲げていた参加者の一人が逮捕された[3][4][8]。さらに、逮捕を妨害したとされ、別の2名も公務執行妨害の疑いで逮捕された[3][4]

事件後の動き[編集]

デモの主催者らは「これは麻生氏の私邸に向かって歩くイベントでありデモには当らない。参加者が逮捕されたことは不当逮捕である」として抗議し、事件当時の様子を記録した映像を公開した[8]

主催者らは他にも、警視庁渋谷署警備課長と穏便に打ち合わせを行なっていたとする場面[9][10]、逮捕前に私服警官が打ち合わせしている様子[11]も公開している。

11月6日、逮捕された3人は起訴猶予処分により釈放された[12]

12月23日、週刊金曜日の執筆者である佐高信鎌田慧雨宮処凛らが参加した無届けの第二回麻生邸見学ツアーが開催されるが、デモ開始直後に「警察からの弾圧を受ける」と判断して解散した[13]

2008年10月29日、主催者側は「麻生でてこい!!リアリティツアー救援会」を結成。アジア女性資料センターなどの賛同を受け、逮捕された3人の釈放を要求する運動を開始した[14]。また、雨宮処凛湯浅誠が呼びかけ人となり「リアリティツアー不当逮捕へ抗議する文化人声明」が発表され、福島瑞穂鎌田慧上原公子石坂啓などが賛同した[15]

2008年10月30日鈴木宗男議員が「麻生太郎内閣総理大臣の自宅を見に行こうとしたデモ隊の逮捕勾留に関する質問主意書」を提出した[16]

同年11月13日には、衆議院第一議員会館にて「麻生邸拝見リアリティツアーの警察による強権的な逮捕を検証する!」と題した院内集会が行なわれ、国民新党亀井静香衆議院議員新党大地鈴木宗男衆議院議員、作家の雨宮処凛が世話人として出席した。 元警察官僚の亀井は「詳細は知らないが」と前置きした上で「やりすぎでは。逮捕しなければ暴徒化するとも思えない。やってはいけない職権行為をしたのでは」と述べている[17]

2008年12月5日にも河村たかし衆議院議員が、「麻生首相のお宅拝見ツアー参加者の逮捕勾留に関する質問主意書」を提出している[18]が、答弁によると「いずれも警察の捜査の具体的な内容等に関するものであり、今後の警察活動に支障を及ぼすおそれがあることから、お答えは差し控えたい。」とし、「警視庁渋谷警察署長の指揮の下で、現場における混乱及び交通の危険の防止等のために必要な警備活動」であったと説明するに留めた[19]

2010年2月26日に、逮捕された3人らは国と東京都に対して計400万円の損害賠償を求めて東京地方裁判所提訴した[20]弁護団には救援連絡センター運営委員である大口昭彦が参加している[要出典]。2014年12月には一審原告敗訴、東京高等裁判所への即時控訴も2015年9月8日原告敗訴、最高裁判所への上告も2016年7月21日、「本件は違憲を言うが、その実質は事実誤認または単なる法令違反の主張であり、最高裁への上告が許されるものには当たらない」として棄却した[21]

脚注[編集]

  1. ^ “リアリティツアー~麻生首相のお宅拝見” (プレスリリース), レイバーネット日本, (2008年10月23日), http://www.labornetjp.org/news/2008/1224750275277staff01/view 2013年7月21日閲覧。 
  2. ^ 反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉 Anti-War and Resistance Festa”. 2013年7月5日閲覧。
  3. ^ a b c “「麻生首相宅見に行こう」 ネットで募り無届けデモ容疑”. 朝日新聞. (2008年10月27日). http://megalodon.jp/2008-1027-0502-16/www.asahi.com/national/update/1026/TKY200810260162.html 2010年11月6日閲覧。 
  4. ^ a b c “首相私邸へ無届けデモ 公務執行妨害などで3人逮捕”. 共同. (2008年10月26日). http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008102601000462.html 2012年8月12日閲覧。 
  5. ^ 雨宮処凛. “雨宮処凛がゆく!│第74回│マガジン9”. マガジン9. 2013年7月21日閲覧。
  6. ^ 集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例”. 東京都. 2013年7月21日閲覧。
  7. ^ デモ隊の逮捕勾留に関する質問の答弁書”. 衆議院. 2013年7月21日閲覧。
  8. ^ a b asoudetekoiq (2011年11月9日). “10/26 麻生邸宅見学に向かおうとしたら逮捕”. YouTube. 2012年8月12日閲覧。
  9. ^ asoudetekoiq (2008年10月28日). “【動画】ハチ公前広場での渋谷署との打ち合わせ”. 2013年7月21日閲覧。
  10. ^ asoudetekoiq. “10/26 渋谷署警察官との事前打ち合わせ@ハチ公前”. YouTube. 2012年8月12日閲覧。
  11. ^ asoudetekoiq (2011年11月9日). “10/26 渋谷、逮捕前に打ち合わせするデカ”. YouTube. 2012年8月12日閲覧。
  12. ^ 鈴木孝雄 (2008年11月10日). “犯罪構成せず ネット映像がバラした「麻生邸事件」逮捕の3人−JanJanニュース”. Janjan. http://janjan.voicejapan.org/living/0811/0811090159/1.php 
  13. ^ レイバーネット : 麻生邸見学ツアーに大弾圧体制敷かれる”. レイバーネット日本 (2008年12月23日). 2013年7月21日閲覧。
  14. ^ 麻生でてこい!!リアリティツアー救援会 賛同・声明集 - 賛同声明”. 2013年7月21日閲覧。
  15. ^ 日本革命的共産主義者同盟 (JRCL) (2008年11月17日), 麻生邸「リアリティツアー」3人の仲間を奪還, , かけはし, http://www.jrcl.net/frame0801117e.html 
  16. ^ 麻生太郎内閣総理大臣の自宅を見に行こうとしたデモ隊の逮捕勾留に関する質問主意書”. 衆議院 (2008年10月30日). 2013年7月21日閲覧。
  17. ^ 「麻生邸逮捕事件」亀井静香、鈴木宗男からも「異議あり!」の声 - 日刊サイゾー”. サイゾー (2008年11月13日). 2013年7月21日閲覧。
  18. ^ 衆議院 平成二十年十二月五日提出 質問第三一六号”. 衆議院 (2008年12月5日). 2013年7月21日閲覧。
  19. ^ 衆議院 内閣衆質一七〇第三一六号 平成二十年十二月十六日”. 衆議院 (2008年12月16日). 2013年7月21日閲覧。
  20. ^ “麻生邸見学の参加者らが提訴 「不当逮捕」と賠償請求”. 共同通信. 47NEWS. (2010年2月26日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022601000453.html 2013年7月21日閲覧。 
  21. ^ “麻生邸リアリティツアー事件国会賠償請求訴訟団 声明”. レイバーネット. (2016年8月10日). http://www.labornetjp.org/news/2016/1470885768612staff01 2016年8月11日閲覧。 
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]