香住温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Hot springs 001.svg香住温泉
Imagoura Kasumi Coast07n4592.jpg
温泉情報
所在地 兵庫県美方郡香美町
交通 鉄道:山陰本線香住駅より全但バスまたは徒歩
泉質 アルカリ性単純泉
泉温(摂氏 26-35 ℃
テンプレートを表示
ゆうなぎの丘からの夕日

香住温泉(かすみおんせん)は、兵庫県美方郡香美町(旧国但馬国)にある温泉香住温泉郷の一つ。

泉質[編集]

低張性・弱アルカリ性・低温泉。湧出温度は26-35℃である。

温泉街[編集]

名勝香住海岸の内陸に湧く、冬は松葉ガニの味覚で有名な温泉地である。夕日漁火夕萓の名所としても知られる。

温泉を利用する宿泊施設は14軒以上、その他に温泉をひかない宿泊施設もある。2010年現在、内湯のみで外湯は存在しない。宿泊施設は香住港を中心に広く点在しており、温泉街を形成していない。香住港から出航する香住海岸遊覧船や、今子浦岡見公園大乗寺など観光スポットは多い。

香住矢田川温泉余部温泉柴山温泉および佐津温泉と合わせ香住温泉郷と呼ばれる。

歴史[編集]

1979年から利用されている源泉に加え、2008年より新源泉(湧出量230リットル/分)の利用が始まった[1]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2007年12月11日・2008年6月27日の日本海新聞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]