首都高速トライアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

首都高速トライアル』(しゅとこうそくトライアル)は、1980年代後半から1990年代にかけて製作された、首都高速道路を舞台とした走り屋を題材にした映画シリーズ。映画オリジナルビデオ(OV)を含め全6作が作られた。英語名は「Freeway Speedway - Megalopolis Express Way Trial」(旧パッケージ版)[1]「Tokyo Speedway」(新パッケージ版)。

概要[編集]

  • 第1作は1988年日活ロッポニカ作品として劇場公開された。走り屋をテーマにした本格的ドラマとして話題になり、この映画にて大鶴義丹的場浩司が役者としてデビューした。
  • 第2作以降は、オリジナルビデオの「にっかつビデオフィーチャー」として製作され、土屋圭市が出演している。
  • 撮影では、各車両とも制限速度を遵守し、フィルムの早回しで超高速を表現している。
  • 第5作『首都高速トライアル5』発売前に、総集編と予告編を兼ねた『スピリッツオブ首都高速トライアル』が発売された。
  • 第5作でシリーズ完結予定だったが、第6作『首都高速トライアルMAX』を製作。1996年2月に発売予定だったが、発売直前に警視庁の目に留まってしまう。その結果スタッフが書類送検され、発売中止になってしまった。
  • 本来、暴走行為を煽ることから『1』の公開時点で、以降のシリーズの発売は警察が規制しようとした動きがあったが、元走り屋で現役レーサー(当時)である土屋圭市が、劇中で「なぜ公道でバトルはしないのか」「サーキットで勝負」と言うシーンを挿入することによって発売禁止は回避された。毎回必ず土屋圭市のサーキット論が登場するのはこのためである。[2]
  • 同じ製作チームで、東映Vシネマの『バトル・チャレンジャー/激走』が製作された。
  • 国内ではDVD発売なし(VHSのみ)

首都高速トライアル[編集]

1988年封切。キャッチコピーは「激走!首都高速13.9kmへの挑戦。」だった。

スタッフ・キャスト[編集]

主題歌
キャスト
  • 大鶴義丹 …主人公。伝説の記録に挑む。首都高の記録が更新できず引退するが…。
  • 岡安由美子 …主人公の彼女。引退した主人公の代わりに伝説に挑むが…。[3]
  • 坂井徹 …ATS-BMのオーナー兼メカニック
  • 的場浩司 …挑戦者。主人公引退3年後、新たな伝説を作る。しかし、その伝説には裏があった…。
  • 浅野愛子 …挑戦者の彼女。主人公の彼女(首都高現役時)の妹。
  • 徳丸純子 …主人公が首都高を引退した後の彼女。中古車屋でスカイラインR31GTS-Rに目がくらむ主人公を横目にファミリアを主人公に勧める。
  • 木之元亮交通機動隊クラウンで取り締まる。首都高ランナーを追いかけ回せるぐらい速い。F1レーサーの友人の折り紙付きテクニックの持ち主。
  • 伊藤克信 …13.9kmレースの仕切り役。中古車販売店経営・レース前後パーソナル無線でDJもする。[4][5]

劇中に登場する主なマシン[編集]

主人公・六雄の乗る車輌で2台登場している。2台ともシルバー/ブラックのツートン
当初の車輌は設定上TD07タービン搭載のフルチューニング車輌(実際にはさらに上のTD08タービンを搭載)。チューニングはTBOが担当。この車輌は岡安由美子扮する六雄の彼女が首都高アタックをした際に事故、大破してしまう。
2台目は六雄が首都高に復帰する際に使用した車輌で、設定上ROMチューンによるブーストアップ仕様の為違法改造車では無い。なぜか「4VALVE DOHC RS TURBO」のエンブレムが付いていない(れっきとした本物の前期RSターボ)。[6]
的場浩司が乗る車輌。赤のフルエアロ仕様で、時代を感じるフィンタイプホイールを履く。マフラーがどう見てもノーマルである為、実際にはエアロを装着しただけの車と思われる。
木之元亮演ずる川北警部が使用している覆面パトロールカー。現実の交通課に配備されている覆面車とは異なり、ハードトップでマグネット式の警光灯を搭載する(現実にはセダンで反転式警光灯)。色はベージュメタリック。
走行時にクラウンの静かさを演出する為か、風切音しか被らないことが多い。ただ数箇所、6M-GEUのツインカムサウンドが挿入されている。
あらゆる走り屋車輌を追い詰めるほど速いが、実はコラムAT車。
川北警部率いる交通機動隊のパトロールカーで破壊用車輌。六雄達がRSを仕上げた廃工場に強行突入する際に全車破壊される。
すべて前期型。1台は後付けのパワーウインドー装着、2台ともナンバー脇のガーニッシュが無いことから両車とも低グレードと推察される。
MS110クラウンと同じく破壊用のパトロールカー。クラウンは全車破壊されたが、セドリック・グロリアは散光式警光灯を装着した車輌(工場突入時は前期型グロリア、以後のカットは後期型セドリック)だけ破壊されていない。
クラウンは全車前期型だったが、セドリックの破壊車輌は後期型の430(セドリック1台を使い回している)。
川北率いる交通機動隊のパトカー・劇中たびたび登場する。破壊用ではないらしく・緊急の検問シーンや呼びかけ時と建物の外でのサイドターン後のエンストや出口を塞がれて回避のシーンに使われた。

あらすじ[編集]

  • 7カ所の高速道路(第3京浜横浜新道横横東名中央高速湾岸線首都高)13.9kmの区間記録への挑戦。現役F1レーサーが持つ伝説の記録に挑む若者達。ただし首都高速の記録を塗り替えるにはマシンとテクニックだけではなく運も必要だ。そして、魔のカーブが…。無償のタイム・トライアルに夢と青春を賭けた青春カーアクション映画(VHSパッケージより一部引用)。

首都高速トライアル2[編集]

1990年発売

キャッチコピー:「今、伝説の記録が破られる…。」

スタッフ・キャスト[編集]

主題歌・挿入歌
  • 斉藤さおり
    • 目がすべて(シングル/目がすべて 1989年・PLATZ P10G-1010 廃盤)
    • 長電話のバラード(アルバム/LADY 1989年・PLATZ P32G-10 廃盤)
キャスト

劇中に登場する主なマシン[編集]

  • シルビア(S13) …銀。最初主人公が乗っていた車。記録を塗り替える。首都高参考タイム4分46秒。
  • スカイライン(R30RS-X) …赤/黒。元記録保持者。参考タイム4分53秒。主人公に変わりZ32とバトル。事故を起こし死亡。
  • スカイライン(BNR32)GT-R …ガンメタ。死亡した運転手の彼女が密かに購入していた。主人公に託す。
  • フェアレディZ(Z32) …ガンメタ(AT)。ライバル。強制的に首都高でのバトルを主人公に突きつける。途中から赤のZ32(AT)に変わる。
  • スープラ(MA70) …白。AT車。上記ライバル車のチーム員。

あらすじ[編集]

RSからGT-Rへ。最強マシンを引っ下げて、あの「首都高速トライアル」が帰ってきた。

走り屋たちの憧れのまと、順一が持つ高速道路区間記録。物語は、その記録に挑戦を続けるレーサー志望の孝広と、彼を挑発しながら、自らも記録更新を狙い名をあげようとする沢木の3人の男の戦いを軸に熱いドラマが繰り広げられていく。RS対300ZX、300ZX対GT-R

首都高速トライアル3[編集]

1991年発売

キャッチコピー:「白熱する首都高!そして峠へ!男達の野望が闇を切り裂く、デス・バトル24時!」

スタッフ・キャスト[編集]

主題歌・挿入歌
  • スクリプト「Crying All Night」「True Love~愛するKに贈る~」
キャスト
  • 西村和彦 …主人公。土屋圭市のF3チームメカニック兼FJ1600ドライバー。首都高は引退。記録保持者。
  • 高島礼子 …雑誌記者。現役レースメカニックが首都高で起こした死亡事故を雑誌で公表してしまう。 妹が交通事故で他界している。
  • 福田郁緒 …主人公の元ライバル。主人公を首都高に誘うが全く相手にされず。 噂の黒いスープラと首都高でバトルの末…。
  • 長倉大介 …ショットバーの客。10秒ほどの友情出演。
  • 豊嶋稔 …ショットバーの店員。同じく友情出演。
  • 藤田典子

劇中に登場する主なマシン[編集]

  • スカイライン(BNR32)GT-R …ガンメタ。主人公の乗る車。車に貼られているステッカーはS13とお揃い。
  • スープラ(JZA70) …黒。首都高バトルの事故に巻き込まれ死亡した妹の復讐の為、走り屋を目の敵にしてバトルに挑む。 雑誌記者が乗る車。
  • シルビア(S13) …主人公の友人が乗る車。碓氷峠でスープラとバトル中事故。後に首都高で再びバトルとなるが、事故で重傷。
  • ユーノス・ロードスター(NA6CE) …青。雑誌記者が普段乗る車(わけあって同僚の借り物)。

あらすじ[編集]

  • かつての首都高記録保持者・京平。彼は今では走り屋を退き、土屋圭市のチームに所属していた。そんな彼に対し、折に触れ挑発をしてくるのが、元ライバルの祐介。今日も峠道でタイムアタックをする祐介。ところが脇道から黒のスープラが現れ、彼のシルビアにパッシング!腕に自信のある祐介だったが、後ろにピッタリとくっつかれ、ついにはグリップを失いスピンしてしまう。一方、京平は雑誌記者の美幸のロードスターにバトルを挑まれる。安全運転で信号停止する京平のGT-R。そんな京平に美幸は首都高を走らなくなった理由を問いつめる。彼の心には、以前首都高で起きた事故の一件が重くのしかかっているのだ。しかし、そんな彼も祐介がスープラとのバトルで事故を起こしたことを聞くや、ある決意を胸に秘め、再び首都高へ!果たして過去の事故とは?そして黒のスープラの正体とは?今、すべての真相が明らかになる…(VHSパッケージより引用)。

首都高速トライアル4[編集]

1992年発売

キャッチコピー:「もう、俺を止めることはできない」

スタッフ・キャスト[編集]

主題歌
キャスト
  • 榊原利彦 …主人公。弟の夢を叶えるため、S13と父親の車を無断で売却してGT-Rを購入。
  • 宮本佳杳 …主人公の彼女。
  • 北代隼人 …主人公の弟。小児ガンに冒される。サーキットで土屋圭市の助手席に乗る。
  • 長倉大介 …首都高コースレコードの持ち主。主人公に挑戦を申し込まれるが引退してるので断る。
  • 坂口進也 …主人公の父。
  • 小松みどり …主人公の母。
  • 福田郁緒 …ゼロヨンスターター。

劇中に登場する主なマシン[編集]

  • シルビア(S13) …黒。主人公が最初乗る車。
  • スカイライン(BNR32)GT-R …赤(非純正色)。主人公の車。TBOチューンの550馬力仕様。
  • ホンダ・インスパイア(CB5)…黒。主人公の父親の車。
  • スープラ(JZA70)ツインターボR・改 …黒。某ゼロヨン会場無敗。主人公と勝負してあっさり負ける。
  • RX-7(FC3S) …白。首都高でのライバル。主人公がゼロヨンで勝った記事を雑誌で見て主人公を挑発。「発進加速を競うだけのゼロヨンなんて子供騙しもいいとこだぜ」とゼロヨンを批判。
  • 180SX(RS13) …黄。上記FC3Sとバトル中首都高で事故。FCはタバコを吸いながら余裕のバトル。

あらすじ[編集]

  • 大学生小島俊彦は、夜な夜な首都高速にタイムトライアルに出かけるスピード好き。彼の年の離れた弟がで医者からもう余命数カ月と宣言される。弟は兄が自慢で、レーサーになる夢を持っている。俊彦は弟の期待に応えるべく無断で父親の車と一緒に長年乗り続けたシルビアを売却、赤いGT-Rを買いゼロヨンレースでチャンピオンになる。しかし次に危険な首都高レースをやり事故を起こして入院してしまう。弟の憧れの土屋圭市にサーキットレースを許された俊彦は、チューンナップされたGT-Rで挑戦することになる。しかしその日を待たず弟は病死。俊彦は悲しみを振り切り天国の弟に見せるべくサーキットレースに挑む(一部VHSパッケージより引用)。

首都高速トライアル5 FINAL BATTLE[編集]

1992年発売

キャッチコピー:「さらに、神話は加速する…」

スタッフ・キャスト[編集]

主題歌
キャスト
  • 西守正樹 …主人公。峠・首都高の各最速ランナーと次々とバトルに挑んで行く。やたら態度が大きく、土屋圭市に殴られる。
  • 渡辺航 …メカニック。現役時の事故が原因(?)で足を負傷している。主人公の良き理解者で、共通の夢を追っている。
  • 土家里織 …主人公の彼女。看護師。 首都高でTOPを取ること自体が全く理解できない。
  • 杉浦幸 …首都高最速ランナー(黄GT-R)の彼女。速い男が好きだと主人公にもモーションをかける魔性の女。

劇中に登場する主なマシン[編集]

  • RX-7(FC3S) …白。主人公が最初に乗る車。OPのジャンプシーンは見所の一つ。バトルに勝つとドアに星ステッカーが貼られる。首都高でGT-Rとバトル中大クラッシュ。
  • RX-7(FD3S) …赤。主人公事故後、FDで復活。再び黄GT-Rとバトル。後にサーキットで土屋圭市とバトル。
  • スカイライン(BNR32)GT-R …黄。首都高最速。FDとバトル中事故、死亡。
  • フェアレディZ(Z31)銀/黒 …主人公と最初のバトル。
  • スカイライン(R31GTS-R)ブルーブラック …主人公と第2戦バトル。主人公に目の前へ割り込まれ戦意喪失。
  • シルビア(S13) …イエロイッシュシルバーツートン。峠で主人公と第3戦バトル。バトル中ダンプカーと正面衝突しそうになるが間一髪で免れる。仕様はSRのQ'sで、TD05タービンボルトオン、ブースト0.9で280馬力仕様。[7]

あらすじ[編集]

  • 野性的で危険な匂いを振り撒く街道レーサー・雄介がFD3S・FC3Sを駆って、直線・峠・首都高と、各タイムレコード保持者に敢然とバトルを挑んでいく様子が、かつてないスケールで展開していく。自分の体を武器に「勝った方と今晩付き合うわ」と男達を挑発する美貌の女、「首都高は俺たちの夢」と語るメカニック、「ルールのないケンカは殺し合いだ」と論す土屋圭一。さまざまな人々の思惑を乗せて今、最後の決戦場「首都高」へと向かう!(VHSパッケージより引用)

首都高速トライアルMAX[編集]

1996年(国内未発売)

予定されていたキャッチコピー「どっちが勝ってもこれが最後だ!!」

スタッフ・キャスト[編集]

主題歌・挿入歌
キャスト
  • 正木蒼二 …式場達也(主人公)。首都高チャンプ。 チューニングSHOP勤務。大阪まで遠征に行き仙道とバトルし勝利した。白R33とのバトルで相棒を事故に追いやり、引退を決意するが、相棒の夢を叶えるべく、もう1度走り出す…。
  • 白国秀樹 …仙道誠。大阪環状の帝王。東京までリベンジにやって来るが、バトルは後回しにされ式場から須藤あきらのライブチケットをもらうが、式場のバトルを見るため、チケットを投げ捨て80スープラに乗り込む。式場の首都高ランナー最後のバトル相手。
  • 岡本秀寿 …土屋圭市のチームメカニック。ミッドナイトパープルR33を式場との賭けバトルで失うが、そこで友情が芽生え、主人公に首都高最速を託す。後の白R33オーナー。式場とのバトル中に事故死。
  • 唐渡亮 …Z32の首都高ランナー。式場と敵対。主人公とバトル中事故をし、借りを返すと粋がる。最終的には、式場の戦意喪失により勝利したが、80スープラの仙道に敗北。
  • 神崎恵 …式場の妹。
  • 葉山知穂 …白R33の彼女。ライブハウス勤務。80スープラのリアハッチを開け無理矢理乗り込んでバトルを観戦。
  • 須藤あきら …上記ライブハウスにてライブを行っている。

販売中止[編集]

  • 概要の通り、この作品は国内では販売中止になった。違法走行はシルビアの事故シーンと、R33GT‐Rのスピード違反とのこと。GT‐Rのスピード違反は、シルビア事故シーン映像の解析中に発覚した。

劇中に登場する主なマシン[編集]

  • スープラ(JZA70) …赤。大阪環状で主人公R33とバトル、事故。
  • スープラ(JZA80) …黒。赤70スープラ事故後購入。
  • スカイライン(BCNR33)GT-R …ミッドナイトパープル。主人公の乗る車。積車に乗せ大阪まで遠征、赤の70スープラとバトル。白R33を事故・死亡に追いやり、そのことがトラウマになる。後に白R33の彼女より使用していたROMを譲り受け、80と首都高でバトル。
  • スカイライン(BCNR33)GT-R …白。(実はECR33 フェンダーのウインカーが横長であること、回想シーンでのシート形状など)主人公と首都高でバトル中事故、爆発炎上、焼死。爆発時のときGTSのホイールだった。
  • フェアレディZ(Z32) …白。主人公と首都高でバトル。主人公は白R33との事故現場で戦意喪失、自身が首都高最速と名乗り、後に80と首都高でバトル。
  • NSX(E-NA1)TYPE-R …白。主人公がサーキットで土屋圭市とバトル。土屋圭市も同じ車。
  • シルビア(S14) … 大阪環状でバトル、事故。問題になったシーン…?
  • MR2(SW20) …主人公の昔の車。ミッドナイトパープルR33と工場敷地内で互いの車を賭けバトル。そのR33が後の主人公の車。

あらすじ[編集]

  • 首都高のチャンプ、式場達也は、大阪環状を制覇するため、大阪環状のチャンプ仙道誠とバトルする所からこの物語は始まる。

スピリッツオブ首都高速トライアル[編集]

1992年発売 (こちらはDVD化されていない)

キャッチコピー:「全国400万人の首都高ファンに贈る…」

スタッフ[編集]

内容[編集]

  • 首都高速トライアル2から4のダイジェスト(予告編)、5の予告編、5のメイキングシ-ンを収録。

脚注[編集]

  1. ^ 参照画像:wikipedia英語版
  2. ^ wikipedia英語版より翻訳
  3. ^ 劇中、NSRに乗りATS-BMへ訪れるが、アテレコに使った排気音はなぜかVFR400を使用
  4. ^ 劇中 川北が結果が気になる六雄に「〇〇〇〇〇〇〇〇ぞ・俺の無線で~」のセリフがある。
  5. ^ パーソナル無線機で空中線に楽曲を流したりラジオのまねごとをするのは違法。
  6. ^ バトル・タイムアタックシーンにフルチューン・ブーストUP車両共に、時々追い抜くシーンで映りこんでおり平行して撮影していた模様。
  7. ^ 前作・4で登場したRX7(FC3S)白・R32GTR赤は、5でも登場している。但しGTRは色替したようである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]