青江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

青江(あおえ)は、岡山市にある地名。青江一丁目から六丁目まであり、1998年(平成10年)10月26日住居表示が実施された。 2009年(平成21年)4月1日の岡山市政令指定都市移行により、行政区は一丁目から五丁目が北区に、六丁目が南区に属する。郵便番号はいずれも〒700-0941(岡山中央郵便局管区)。

概要[編集]

岡山市内中心部から約5km南の地区。

ジャスコ岡山店の出店(1976年(昭和51年)12月[1]。後にイオン岡山店となったが2014年(平成26年)9月30日に閉店[2]。)、中央卸売市場移転跡地への赤十字病院の新築移転(1985年)、岡山バイパスの開通などによりここ30年で市街化が著しい。岡山駅岡山市役所天満屋方面からのバスが頻発しているため、交通の便は良い。国道2号と国道30号が交わる青江交差点では交通量がかなり多く、交通事故が多発している。

周辺[編集]

北区[編集]

南区[編集]

  • シティライト青江店

交通[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 豊和銀行史編纂委員会 『岡山県の地理』 福武書店、1978年6月。
  2. ^ “イオン岡山店、38年の営業終了 最終日、閉店セールでにぎわう”. 山陽新聞(山陽新聞社). (2014年10月1日)