小串村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
こぐしそん
小串村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 編入合併
高島村幡多村財田町
小串村御津町の一部→岡山市
現在の自治体 岡山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
児島郡
総人口 3,530
(昭和25年国勢調査、1950年
隣接自治体 岡山市、児島郡東児町

(児島湾を挟んで隣接)
西大寺市
小串村役場
所在地 岡山県児島郡小串村小串
 表示 ウィキプロジェクト

小串村(こぐしそん)は岡山県南部の児島半島北東端、児島湾入口南岸に存在した村である。1954年4月1日に岡山市へ編入された。

概要[編集]

現在の南区小串、阿津に当たる。当初は小串宝録山と邑久郡久々井との海峡が大門と呼ばれたことに由来して大門村(おおとそん)と称したが、後に小串村と改称した。

小串という村名は児島湾入口の小口からくるとされ、江戸期には宇喜多氏によって岡山城を建設する際に、当地が海路防衛の重要地として小浦とも呼ばれた。その後天正年間に小串と改められたという。

小串には岡山藩の米蔵が置かれ、小串港には多数の高瀬舟が往来し、内海航路の回船に米を積み替えた。江戸末期の1863年文久3年)には藩によって小串砲台や陣屋が設置された。

人口[編集]

1920年 3,146人
1925年 3,023人
1930年 2,995人
1935年 2,839人
1940年 2,617人
1947年 3,626人
1950年 3,530人
総務省統計局 / 国勢調査1950年

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1873年(明治6年)4月3日 - 第三大学区第三中学校区二番小学校(現在の小串小学校)が創立。
  • 1889年(明治22年)6月1日 - 町村制施行。小串村と阿津村が合併して児島郡大門村が発足。
  • 1898年(明治31年)1月1日 - 大門村が改称して小串村となる。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 岡山市に編入。同日小串村廃止。

合併以降の沿革は児島 (岡山市)を参照。

地域[編集]

教育[編集]

  • 岡山県児島郡小串国民学校(現・岡山市立小串小学校)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]