陳ギの蜂起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「陳頠の蜂起」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

陳頠の蜂起(ちんぎのほうき)は、1407年から1409年にかけて陳朝の血を引く陳頠によって起こされた抗闘争のことである。

経過[編集]

1407年10月、愛国者だった陳肇基は、陳朝の皇帝の子息だった陳頠を盟主として安謨(イエンモ:ニンビン省)で反乱を起こした。陳頠は自らを簡定(ザンディン)皇帝と称した。

1408年初め、簡定帝は乂安(ゲアン)に向けて進軍し、これに化州(ホアチャウ:トゥアティエン・フエ省)の鄧悉と、以前に升華(タンホア:クアンナム省)で官吏をしていた阮景真が呼応した。12月に義軍は逋姑(ポーコー:ナムディン省)の船着場で4万の明軍を撃退したとされる。以来、簡定帝たちの名声は国全体に広がり、多くの人間が義軍に投じた。

しかし、逋姑での戦勝の後、簡定帝は中傷の言葉を聞き入れて、鄧悉と阮景真の二人を粛清したため、蜂起は徐々に分裂していった。

結局、簡定帝は捕らえられ、金陵(南京)に送られて処刑された。

参考文献[編集]

  • ファン・ゴク・リエン監修『ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書』《世界の教科書シリーズ21》明石書店、2008年。