関西学院グリークラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関西学院グリークラブ(かんせいがくいんグリークラブ)は、関西学院大学の学生により構成される1899年設立の日本最古の男声合唱団である。現在の技術顧問は同大学職員である広瀬康夫

オリックス元会長宮内義彦、富士ゼロックス元代表取締役社長(現相談役)宮原明、日清製粉グループ代表取締役社長村上一平、を始め、経済界にも多くの人材を輩出している。

概要[編集]

1899年(明治32年)、原田の森(現在の神戸市灘区)にあったキャンパスで創設された。関西学院本館講堂にて7、8人の生徒で歌われた賛美歌の4部合唱が始まりだといわれている[1]

1930年(昭和5年)に当時のマネージャー・井筒長治郎が提唱した「メンタルハーモニー」[2]をクラブのモットーとし、これには単なる技術的な調和だけでなく、「心=メンタル」の部分から調和していなければならないという思いが込められている。戦前から山田耕筰に師事を仰いだ林雄一郎による純正調ハーモニーの習得や、卒業後プロの指揮者となった北村協一による黒人霊歌多田武彦などの日本の組曲への挑戦、畑中良輔によるドイツ歌曲を中心とした海外オペラ曲への挑戦など指導陣にも恵まれ、日本の男声合唱界を牽引してきた。1965年(昭和40年)にアメリカ演奏旅行(リンカーンセンターでの演奏)を実施。同年に実施された第33回リサイタルにて「アイヌのウポポ」を始め高度な技術の日本語の曲に取り組み、これらの曲のいくつかをアメリカ演奏旅行での曲目とした[3]。これを機に活動の主体をコンクールから演奏会活動へと移すこととなった。特に重厚なベースパートと繊細なテナーから醸しだされるハーモニーと、日本語・英語の丁寧な発音、折り目正しいステージマナーで知られる。

東西四大学合唱演奏会、関西学院グリークラブフェスティバル[4]、関西学院グリークラブリサイタル[5]の年3回の演奏会とコンクールへの出場、演奏旅行が団の活動の中心である。

エピソード[編集]

  • 全国の男声合唱団で歌われている「ウ・ボイ(U Boj)」は、関西学院グリークラブが戦前神戸に滞在していたチェコ軍から譲り受けたものであり[6]、各種演奏会のアンコールに歌われることが多い。

主なディスコグラフィー[編集]

「合唱名曲コレクション」シリーズの発売元は東芝EMI、「日本合唱曲全集」の発売元はビクターエンタテインメント(のち、日本伝統文化振興財団)。特に断りのないものはCD。公式サイトにてプライベート盤を複数販売している。

  • 日本合唱曲全集 月光とピエロ 清水脩作品集 - 「アイヌのウポポ」を担当。
  • 日本合唱曲全集 雨 多田武彦作品集 - 男声合唱組曲「柳河風俗詩」「中勘助の詩から」を担当。
  • 合唱名曲コレクション9 マザーグースの歌 - 青島広志「マザーグースの歌」から4曲を担当。
  • 合唱名曲コレクション21 月光とピエロ - 清水脩月光とピエロ」を担当。
  • 合唱名曲コレクション24 レクイエム - 三木稔「阿波」を担当。
  • 合唱名曲コレクション25 川よとわに美しく - 平吉毅州「さすらいの船路」を担当。
  • 合唱名曲コレクション27 尾崎喜八の詩から - 多田武彦「尾崎喜八の詩から」を担当。
  • 合唱名曲コレクション28 雪明りの路 - 多田武彦「雪明りの路」「在りし日の歌」を担当。
  • 合唱名曲コレクション30 最上川舟唄 - 清水脩「大漁祝い」など5曲を担当。
  • 合唱名曲コレクション31 ギルガメシュ叙事詩 - 青島広志作曲。出発の巻、帰郷の巻を収録。
  • 合唱名曲コレクション32 グリークラブアルバム第1集 - 2曲を担当。
  • 合唱名曲コレクション33 グリークラブアルバム第2集 - 7曲を担当。
  • 合唱名曲コレクション36 グリークラブアルバム第3集 - 9曲を担当。
  • 合唱名曲コレクション37 グリークラブアルバム第4集 - 2曲を担当。
  • 合唱名曲コレクション41 雪国にて - 多田武彦「雪国にて」を担当。
  • 日本の合唱 上(ビクター) - 石井歓枯木と太陽の歌」を同志社グリークラブとともに演奏。LP。

主な初演作品[編集]

  • 青島広志 - ギルガメシュ叙事詩 出発の巻/ギルガメシュ叙事詩 帰郷の巻/11ぴきのネコ(男声版)
  • 菅野浩和 - らくがき帖
  • 多田武彦 - 中勘助の詩から/雪明りの路/航海詩集/白き花鳥図/中原中也の詩から/尾崎喜八の詩から
  • 新実徳英 - ことばあそびうたII/鐘の音を聴け
  • 平吉毅州 - 子供の国/さすらいの船路
  • 源田俊一郎 - ディズニー名曲集/Musical"Man of La Mancha"/Musical「オクラホマ!」

全日本合唱コンクール成績[編集]

戦前の競演合唱祭3連勝(1933年(昭和8年)~1935年(昭和10年))の実績を持ち、戦後に始まった全日本合唱コンクールにおいても受賞を重ねる。

1948年(昭和23年)の第1回全日本合唱コンクール全国大会一般部門[7]優勝を皮切りに(第3回までは現役・OB合同で一般部門、第4回からは現役のみで大学部門にエントリーする)、第6回まで6年連続優勝、1962年(昭和37年)の第15回までに通算12回の優勝を果たす。1963年(昭和38年)の同コンクール招待演奏を最後に、翌々年の世界大学合唱祭参加準備のためコンクール不参加を決め[8]、以後長くコンクールに出場しない時代が続いた。

2006年(平成18年)より再度、全日本合唱コンクールへ出場する[9]

  • 2016年 金賞(文部科学大臣賞)/課題曲 FOLSZALLOTT A PAVA(飛べよ孔雀) /自由曲 平家物語による男声合唱のためのエチュード「那須与一」
  • 2015年 金賞(日本放送協会賞)/課題曲 Türkisches Schenkenlied(トルコの酒場の歌)/自由曲 Incantatio maris aestuosi(大波の魔術)
  • 2014年 金賞(高松市教育長賞)/課題曲 男声合唱とピアノのための『新しい歌』より「うたをうたうとき」/自由曲 男声合唱とピアノのための『ことばあそびうたⅡ』より「かっぱ」「さる」
  • 2013年 金賞(千葉市教育長賞)/課題曲『朔太郎の四つの詩』より「五月の貴公子」/自由曲『アイヌのウポポ』より 「イヨマンテ(熊祭り)」「恋歌」「リムセ(輪舞)」
  • 2012年 金賞(富山県教育委員会賞)/課題曲『秋の瞳』より「はらへたまつてゆく かなしみ」/自由曲 合唱による風土記『阿波』より 「水取り」「たたら」
  • 2011年 金賞(青森市教育長賞)/課題曲 冬・風蓮湖 /自由曲 男声合唱組曲「青いメッセージ」より 6.ごびらっふの独白
  • 2010年 金賞(兵庫県教育長賞、カワイ奨励賞)/課題曲 まっさかさまなまさかのうた/自由曲 尾崎喜八の詩より 1.冬野 6.かけす
  • 2009年 銅賞/課題曲 海へ/自由曲 伊三郎節
  • 2008年 不出場(関西大会では金賞)/課題曲 「Tenebrae factae sunt(地上は暗闇となった)」/自由曲 "コダーイ男声合唱曲集 1. FOLSZALLOTT A PAVA(飛べよ孔雀)2. HUSZT(廃墟)
  • 2007年 銅賞/課題曲 Miserere Mei, deus/自由曲 「ヤナーチェク男声合唱曲集」より 2. Ach vojna, vojna 3. Krasne oi tve
  • 2006年 金賞/課題曲 「Ave Maria」/自由曲 「Magic Songs」より 2. Chant to bring back the wolf 3. Chant to make fences fall down 4. Chant to make fireflies glow 5. Chant to make the stones sing 6. Chant to make the magic work"

※2006年はAグループ(32人以下)、2007,2008年はBグループ(33人以上)に出場。2009年より大学部門においてはグループ分けはなくなり一本化される。2013年より「大学ユース合唱の部」となる。

新月会[編集]

新月会(しんげつかい)とは、関西学院グリークラブの卒団生(OB)のみで構成される男声合唱団である。

関西学院グリークラブでは結成当初より現役・OB合同で活動することがならわしとなっていた。1934年(昭和9年)になると、現役への指導・支援はこれまで通り継続しつつもOBだけで活動したい、卒団しても歌いたいという声が上がるようになった。前年の競演合唱祭に出演したOB8名(グリーメンエイト)を中心にOB合唱団結成を志すが、同年7月の合宿の際にグリーメンエイトの一人で「メンタルハーモニー」の提唱者である井筒長治郎が急死する。井筒の遺志を受け、残ったグリーメンエイト及び林雄一郎とその同期生とで9月に「新月会」を結成、OBの組織化を図ることとなった[10]。新月会としての初ステージは1935年(昭和10年)1月26日の関西学院グリークラブ第8回曲目発表音楽会で、メンデルスゾーンの「Beati Mortui」(死に行く者は幸いである)を演奏した[11]。戦後の全日本合唱コンクール全国大会では前述のように第1回~第3回は現役と合同で出演し、第11回(1958年)、第12回(1959年)では新月会単独で一般部門2年連続優勝を果たす。

脚注[編集]

  1. ^ 『八十年史』、p.2
  2. ^ 『八十年史』、p.105
  3. ^ 『八十年史』、p.445
  4. ^ グリークラブフェスティバルは中学部、高等部、新月会(OB)を含めたファミリーでの演奏会であり、関西学院グリークラブならではの縦のつながりを意識した演奏会である。
  5. ^ 関西学院グリークラブリサイタルの「ちらし」と「パンフレット」の表紙には大学OBの石阪春生の「女のいる風景」が長年使われている。
  6. ^ 「U Boj」にまつわる各種エピソードは関西学院グリークラブ公式ホームページに「U Boj STORY」として詳細に紹介されている。
  7. ^ 『八十年史』、p.248~p253
  8. ^ 『八十年史』、p.436~p.439
  9. ^ これ以前にも2001年(平成13年)に一度コンクールに出場しているが、関西大会で次点に終わり全国大会への出場は果たせなかった。
  10. ^ 『八十年史』、p.136~p.138
  11. ^ 『八十年史』、p.141~p.143。なお『八十年史』では「Beati Mortui」を「本邦初演」としているが、実際には同志社グリークラブ1929年(昭和4年)に演奏している。

参考文献[編集]

  • 山中源也『関西学院グリークラブ八十年史』関西学院グリークラブ部史発行委員会、1981年

外部リンク[編集]