総合関関戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
総合関関戦
初開催 1978年
チーム 関西大学
関西学院大学

総合関関戦(そうごうかんかんせん、英語表記:関学主催年All Kwan-Kan Games・関大主催年All Kan-Kwan Games)は、関西大学(関大)と関西学院大学(関学)とのスポーツ対戦のこと。

概要[編集]

1978年(昭和53年)、関西大学と関西学院大学の両校が同じ日程、同じ場所で対決するという形式で始まった伝統の一戦。両校の体育会に勝敗を決めることができる同一競技のクラブがある場合は、すべてのクラブで対戦が行われる。対戦種目は、野球テニスバレーボールホッケー古武道なぎなた射撃合気道漕艇相撲ラグビーフェンシングアメリカンフットボールゴルフ、自動車競技、航空機競技など極めて多岐にわたり、勝利数の多かった大学がその年の総合優勝校となるというのが特徴である。ワンダーフォーゲルなどは勝敗を決めることができないので、両校の体育会にクラブがあるが総合関関戦に参加しない。合気道は勝敗に無関係の演舞を披露する。ラクロスは関学側だけが体育会に参加しているため、関学のラクロス部と関大のラクロス同好会が公開競技を行う。

西暦の奇数年は関学が、偶数年は関大が主催し、主催大学の体育施設を主会場として行われる。

6月中旬の週末を含む3日間で行われるが、スキーのように夏季に不可能な競技や、ゴルフ、ヨット、漕艇などの大学内での開催が不可能な競技、リーグ戦の都合によりやむを得ず別日程の対戦を組まざるを得ない場合は、「前哨戦」として別日程に対戦が組まれ、その結果を総合成績に組み入れる。もちろん、大学外での開催が本日程と同時に開催できる場合は、前哨戦扱いはされない。

6月初めの週末には「前夜祭」と称して両校応援団による応援合戦が行われる。前夜祭と称しているが、現在は昼間に行われる。関大主催年はJR吹田駅駅前広場(さんくす夢広場・2016年までは千里セルシー)で、関学主催年は阪急西宮ガーデンズで開催される。

1978年(昭和53年)から2018年(平成30年)までの対戦成績は、23勝17敗で関学がリードしている。関学は2009年から2017年まで9連覇したが、2018年は10年ぶりに関大が総合優勝した。なお、2007年(平成19年)の第30回大会は、関学で麻疹が流行したことにより中止となった。

両校の併設高等学校である、関西大学第一高等学校関西学院高等部の間でも同じく関関戦が行われている。さらに2004年(平成16年)度からは、同じく併設中学校の関西大学第一中学校、関西学院中学部でも行われるようになった。

名称について[編集]

両校とも頭文字が「関」のため早慶戦(慶早戦)・同立戦(立同戦)のように「どちらが先か」との論争については、日本語表記では起きることはないが、両校の英文表記はそれぞれ「Kansai University」と「Kwansei Gakuin University」であり、「関」の部分の綴りが異なるため、英文表記については1年ごとに変わる主催校の方を先に表記するようにしている。

各年の総合成績[編集]

年度 関学 関大 引分
第1回 1978年 ●8勝 15勝○ 3分
第2回 1979年 ○15勝 14勝● 3分
第3回 1980年 ●16勝 17勝○ 3分
第4回 1981年 ○17勝 16勝● 5分
第5回 1982年 ●13勝 19勝○ 2分
第6回 1983年 ●16勝 17勝○ 1分
第7回 1984年 ●16勝 18勝○ 3分
第8回 1985年 ○22勝 13勝● 2分
第9回 1986年 ●16勝 19勝○ 2分
第10回 1987年 ●8勝 25勝○ 4分
第11回 1988年 ○16勝 15勝● 1分
第12回 1989年 ●15勝 19勝○ 1分
第13回 1990年 ●16勝 19勝○ 2分
第14回 1991年 ●11勝 21勝○ 5分
第15回 1992年 ●12勝 22勝○ 3分
第16回 1993年 ○20勝 14勝● 3分
第17回 1994年 ○20勝 12勝● 5分
第18回 1995年 ●14勝 17勝○ 6分
第19回 1996年 ○19勝 16勝● 2分
第20回 1997年 ○19勝 13勝● 5分
第21回 1998年 ●16勝 17勝○ 4分
第22回 1999年 ○18勝 13勝● 2分
第23回 2000年 ○19勝 14勝● 4分
第24回 2001年 ○21勝 13勝● 2分
第25回 2002年 ●16勝 17勝○ 4分
第26回 2003年 ○21勝 13勝● 2分
第27回 2004年 ○17勝 16勝● 4分
第28回 2005年 ○18勝 14勝● 5分
第29回 2006年 ●10勝 21勝○ 3分
第30回 2007年 麻疹流行のため中止
第31回 2008年 ●12勝 20勝○ 4分
第32回 2009年 ○20勝 11勝● 3分
第33回 2010年 ○19勝 12勝● 4分
第34回 2011年 ○18勝 13勝● 0分
第35回 2012年 ○18勝 14勝● 1分
第36回 2013年 ○19勝 13勝● 3分
第37回 2014年 ○19勝 15勝● 3分
第38回 2015年 ○20勝 11勝● 3分
第39回 2016年 ○17勝 15勝● 0分
第40回 2017年 ○17勝 15勝● 4分
第41回 2018年 ●15勝 17勝○ 5分
通算成績 23勝 17勝

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]