長崎県立島原農業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長崎県立島原農業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長崎県の旗長崎県
学区 全県学区
全国募集(5%)枠あり
校訓 誠実・勤労・創造
設立年月日 1952年(昭和27年)4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 農業科学科
園芸科学科
食品科学科
生活福祉科
農業ビジネス科
食品サイエンス科
生活創造科
学期 3学期制
高校コード 42121K
所在地 855-0075
長崎県島原市下折橋町4520番地

北緯32度47分18.2秒 東経130度21分5.8秒 / 北緯32.788389度 東経130.351611度 / 32.788389; 130.351611座標: 北緯32度47分18.2秒 東経130度21分5.8秒 / 北緯32.788389度 東経130.351611度 / 32.788389; 130.351611
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
長崎県立島原農業高等学校の位置(長崎県内)
長崎県立島原農業高等学校

長崎県立島原農業高等学校(ながさきけんりつ しまばらのうぎょうこうとうがっこう,Nagasaki Prefectural Shimabara Agricultural High School)は、長崎県島原市に所在する公立農業高等学校。学校の通称は「農高」、「島原農業」、「島農」(しまのう)。

概要[編集]

歴史
1952年昭和27年)に開校した。2012年平成24年)に創立60周年を迎えた。
校訓
「誠実 勤労 創造」
スローガン
21世紀は「食」と「環境」と「福祉」の時代
「前進 島農 あいさつ 掃除 日本一」
校章
稲穂の上にはしご高の「高」(俗字体)の文字を置いている。
校歌
作詞は宮崎康平[1]、作曲は寺崎良平[2]によるもの。歌詞は2番まであり、島原半島を代表する山、「雲仙岳」や、学校のふもとに広がる「有明海」、農業高校を思わせる「(くわ)」が歌詞に入っている。各番とも「島原 島原 島原農高」で終わる。
設置課程・学科
全日制課程 4学科(2019年度入学生まで)
各科1学級。2年次よりコース制[3]
  • 農業科学科
    • 作物・農業機械コース
    • 産業動物(大動物)コース
    • 社会動物(中小動物)コース
      • 専門科目 - 農業と環境、畜産、作物、野菜、農業機械、植物バイオテクノロジー、農業経営
      • 選択授業(3年) - 有機農業、農業機械、アグリビジネス[4]、アニマルコミュニケーション、農業情報、食文化、食品製造、国語・数学、生活と福祉、音楽Ⅰ
  • 園芸科学科
    • 野菜コース
    • 果樹コース
    • 草花(草花・バイオ)コース
      • 専門科目 - 農業と環境、野菜、果樹、草花、農業機械、植物バイオテクノロジー、農業経営
      • 選択授業(3年) - 有機農業、農業機械、アグリビジネス、アニマルコミュニケーション、農業情報、食文化、食品製造、国語・数学、生活と福祉、音楽Ⅰ
  • 食品科学科
    • 食品製造コース
    • 食品栄養コース
      • 専門科目 - 農業と環境、食品製造、食品科学、微生物利用
      • 選択授業(3年) - アニマルコミュニケーション、農業情報、食文化、国語・数学、生活と福祉、音楽Ⅰ
  • 生活福祉科
    • 福祉看護コース
    • ライフデザインコース
      • 専門科目 - 農業と環境、生活と福祉、ファッション造形基礎、フードデザイン、生物活用
      • 選択授業(3年) - アニマルコミュニケーション、農業情報、食文化、食品製造、国語・数学、音楽Ⅰ
全日制課程 3学科(令和2年度入学生から)
各科1学級。2年次よりコース制
  • 農業ビジネス科
    • 動物コース
    • 野菜コース
    • 果樹コース
      • 専門科目 - 農業と環境、畜産、野菜、果樹、農業機械、植物バイオテクノロジー、農業経営
      • 選択科目 -
  • 食品サイエンス科
    • 食品製造コース
    • 食品栄養コース
      • 専門科目 - 農業と環境、食品製造、食品科学、微生物利用
      • 選択科目 -
  • 生活創造科
    • 福祉看護コース
    • ライフデザインコース
      • 専門科目 - 農業と環境、草花、生活と福祉、ファッション造形基礎、フードデザイン、生物活用
      • 選択科目 -

沿革[編集]

  • 1952年(昭和27年)4月1日 - 「長崎県立島原農業高等学校」(現校名)が開校。全日制課程 農業科・畜産科・農村家庭科各1学級を設置(1学年3学級)。
  • 1958年(昭和33年)4月1日- 農村家庭科を1学級増設(1学年4学級)。
  • 1964年(昭和39年)4月1日- 園芸科を1学級設置(1学年5学級)。
  • 1991年(平成3年)4月1日 - 農業科・園芸科・畜産科を農業経営科・施設園芸科に改編し、生産流通科を新設。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 生活科を生活科学科に改編。
  • 2002年(平成14年)- 創立50周年記念式典を挙行。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 農業経営科・施設園芸科・生産流通科→農業科学科・園芸科学科・食品科学科に改編。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 生活科学科2学級を生活福祉科1学級に改編。
  • 2011年(平成23年)10月 - 第62回日本学校農業クラブ全国大会が長崎で行われる予定で、島原農業高校は「プロジェクト発表会」および「長崎の農業展」の事務局となっている。[5]
  • 2014年(平成26年) - 野球部が第134回九州地区高等学校野球長崎県大会で初優勝を果たす。
  • 2020年(令和2年)4月1日 ‐ 農業科学科・園芸科学科・食品科学科・生活福祉科の募集を停止。農業科学科・園芸科学科を廃止し農業ビジネス科に統合、食品科学科・生活福祉科を食品サイエンス科・生活創造科に改編(1学年3学級)。

教育活動[編集]

体験学習[編集]

地域との連携[編集]

  • 「いのち」の教育(中学校との連携)
  • アニマルキッズクラブ(動物ふれあい)
  • 学校動物園
  • 福祉施設訪問
  • 雲仙百年の森づくり
  • エコ活動(による除草活動等)
  • スクールマーケット(地産地消
  • 環境保全型農業
  • 新商品開発(島農ブランド)

島農ブランド[編集]

学校行事[編集]

3学期制

1学期
  • 4月 - 始業式、入学式、島農春の市
  • 5月 - 農業クラブ総会、家庭クラブ総会、歓迎遠足
  • 6月 - 高総体、農業クラブ県連大会
  • 7月 - 球技大会、インターンシップ
  • 8月 - 平和学習、農業クラブ九連大会
2学期
  • 9月 - 体育祭
  • 10月 - 産業視察研修(1年)、農業クラブ全国大会
  • 11月 - 農業祭(文化祭、プロジェクト学習・文化活動の展示や農産物や加工品の販売を2日間開催)
  • 12月 - 修学旅行、農高百首カルタ大会(小倉百人一首に近現代の短歌・生徒作品を加えた独自のカルタ大会)
3学期
  • 1月 - 課題研究発表会
  • 2月 - ふるさと散策(1年・2年)、校内プロジェクト発表
  • 3月 - 校内農業鑑定競技、校内意見発表会、卒業式、球技大会、終業式

部活動[編集]

運動部
文化部・生活部
農事部
  • 作物部
  • 野菜部
  • 果樹部
  • 草花部
  • 食品加工部
  • 畜産部
  • 社会動物部
同好会
  • 国際研究同好会

著名な出身者[編集]

交通アクセス[編集]

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停
最寄りの道路

周辺[編集]

学校・保育施設
官公署
金融機関・郵便局
歴史的建造物・寺院
その他
  • 島原鉄工所
  • 雲仙自動車学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 島原高校、島原商業高校、島原工業高校、国見高校、小浜高校、旧有馬商業高校の校歌も作詞している。
  2. ^ 平戸高校、五島南高校、旧高島高校、佐世保東翔高校の校歌も作曲している。
  3. ^ 平成24年度 長崎県ハイスクールガイダンス(PDF) - 長崎県教育委員会ウェブサイト
  4. ^ アグリはagriculture(農業)の略。農業ビジネスということ。
  5. ^ 第62回日本学校農業クラブ全国大会(長崎)ウェブサイト -
  6. ^ 島原農業(Shimabara Agricultural)の頭文字
  7. ^ 対州(たいしゅう)は対馬の呼称。対馬馬ということ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]