カルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カルタ(Carta)

ラテン系諸語の用法[編集]

カードゲーム[編集]

  • かるた(「歌留多」「骨牌」など複数の当て字がある) - 日本戦国時代から江戸時代にかけて成立した古典的カードゲームを指す総称。上記のポルトガル語を語源とする。日本に伝わった当初は、主にポルトガル式の48枚から構成されるトランプを指していた。天正かるたうんすんかるたを参照。現在のトランプも「西洋かるた」と呼ばれることがあった。
    • 花札 - 別名「花がるた」。
  • 現在、単に「かるた」と称する場合は読み札を読んで取り札を取るものを指すことが多い。

フィクション作品[編集]

架空の人名[編集]

関連項目[編集]