鈴木治雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 治雄(すずき はるお、1913年大正2年)3月31日 - 2004年平成16年)7月3日)は、日本の実業家昭和電工社長会長企業メセナ協議会初代会長、経団連常任理事、東京商工会議所監事などを歴任。経済同友会設立や湘南国際村発起にも関わった。フンボルト大学ベルリン名誉博士[1]

来歴・人物[編集]

神奈川県葉山村生まれ。東京に転居後、麹町の永田町小学校(現・麹町小学校)に入学するも、一家の転居に伴い、3年時に白金小学校に転入し卒業[2]。卒業後は旧制東京高等学校に入学。1936年東京大学法学部を卒業し野村合名会社(現・野村証券)へ入社するが、1939年昭和電工創立に伴い同社へ入社した。軍需産業を推進した理由で戦後公職追放されたものの、1951年に同社に復帰し、1971年に社長、1981年には会長に就任。その後、名誉会長や最高顧問を歴任した。その間、昭和電工の廃液による水銀汚染の食物連鎖で起きた四大公害病の一つである第二水俣病「阿賀野川有機水銀中毒事件」では、被害者救済に尽力した。また、経済同友会の設立に当たっては最年少の発起人となり、後に副代表幹事を務めた。また、東京大学講師を務めるなど[1]、「知性派財界人」としても知られ、1994年には財界人による同人誌『ほほづゑ』を創刊。その他、多くの著書がある。  

受賞・栄典[編集]

家族・親族[編集]

鈴木商店(現味の素)第2代社長の鈴木忠治の五男。長女直子は、元駐米大使朝海浩一郎長男朝海俊夫の妻。鈴木商店創業者の2代目鈴木三郎助は伯父。長兄に三楽オーシャン(現メルシャン)社長・会長を務めた鈴木三千代、次兄に工学博士で昭和電線電纜会長を務めた鈴木松雄、三男に鈴木竹雄東京大学名誉教授)、四男に通商産業省重工業局長等や日揮会長を務めた鈴木義雄、六男に三菱重工業副社長や三菱自動車販売(現・三菱自動車工業)社長を務めた鈴木正雄、七男に大蔵省国際金融局長や国際通貨基金理事等を務めた鈴木秀雄、八男に鈴木泰雄(多摩電気工業会長)がいる。

著書[編集]

  • 『化学産業論』東洋経済新報社 1968年
  • 『古典に学ぶ 私に豊かさと勇気を与えてくれた50冊の本』ごま書房 1979年
  • 『雅俗随想』新潮社 1983年
  • 『雅俗邂逅 鈴木治雄対談集』実業之日本社 1984年
  • 『夢を賭けた男たち わが人物覚え書帖』経済界 1984年
  • 『雅俗交響』深夜叢書社 1987年
  • 『私の履歴書』深夜叢書社 1991年
  • 『古典と経営 いまビジネスマンに求められる教養・品性』ごま書房 1992年
  • 『古典と仕事 聖書・源氏物語を読むことの意味』ごま書房 1992年
  • 『晩年の日記』牧羊社 1993年
  • 『私の「聖・俗・遊」』丸善出版サービスセンター 1994年
  • 『晩年の風景』深夜叢書社 1995年
  • 『昭和という時代 鈴木治雄対談集』中公文庫 1997年
  • 『私の考え方』財界フォーラム 1997年
  • 『実業家の文章』ごま書房 1998年
  • 『ビジネスマンのための古典の読み方』ごま書房 1998年
  • ルオー礼讚』岩波書店 1998年

共著編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 名言DB
  2. ^ 『私の履歴書』(日本経済新聞社)

外部リンク[編集]