諸井虔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

諸井 虔(もろい けん、1928年4月23日 - 2006年12月29日)は、日本実業家太平洋セメント株式会社相談役のほか、多くの取締役、公職を務めた。牛尾治朗と並び財界きっての論客といわれ、規制緩和を強力に主張した。リクルート事件では、両者とも未公開株譲渡を受けている。

出身の諸井家は江戸時代、現在の埼玉県本庄市で代々名主を務めた家系で、秩父セメントの創業者一族にあたる。虔は本家の生まれではなかったが、父の作曲家諸井三郎が経済的自立に苦労した姿を見ていたことと、本家に男子がいなかったことから、伯父の諸井貫一に請われて秩父セメントの経営を継いでいる。

なお、父や弟の諸井誠のように職業音楽家にこそならなかったものの、東京大学在学中や日本興業銀行在職中にアマチュア合唱団の指揮者として実績を残した。

年譜[編集]

家族・親族[編集]

系譜[編集]

      ┏三保
      ┃
      ┣諸井貫一
諸井恒平━━┫
      ┣諸井桃二
      ┃
      ┗諸井三郎━┳諸井虔
            ┃
            ┗諸井誠

参考文献[編集]

  • 神一行 『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』 角川書店 2002年 92-103頁

外部リンク[編集]