運天ジョン・クレイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
運天 ジョン・クレイトン
John Clayton Unten
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県宜野湾市
生年月日 (1992-03-27) 1992年3月27日(25歳)
身長
体重
181 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト4位
初出場 2011年5月14日
最終出場 2011年5月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

運天 ジョン・クレイトン(うんてん ジョン クレイトン、1992年3月27日 - )は、沖縄県宜野湾市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

父親がアメリカ人で母親が日本人。そのため、父親との会話は英語と日本語の半々で行っている。

父親の影響で小学2年から我如古ファイターズで投手として野球を始め、中学時代は硬式・宜野湾ポニーズに所属していた。その容姿や長い手足を持つ体形、投球フォームから「沖縄のダルビッシュ有」の異名をとる[1]

2007年浦添工業高校に入学。当時は下半身が弱く体が出来上がっていない状態でありながら145km/hの球を投じ、1年の夏には沖縄尚学高校を相手に140km/h台の直球で打者5人から4三振を奪った。エースとなった2年夏に、沖縄大会の1回戦・宮古高校戦で延長15回を無四球・無失点に抑える好投を見せたが、同大会史上初の引き分け再試合の末敗退してしまった。3年夏の同大会では1回戦の八重山農林高校戦で最速147km/hを記録、6回まで無安打、7イニングを2安打無失点。興南高校戦でもリリーフ登板して6イニングを2失点に抑える投球を見せたが、味方打線が相手投手陣に1安打完封され敗退した。甲子園出場はならなかったが4試合で21.2イニングを投げ、イニング数を上回る22個の三振を奪った。また、打たれた安打は8本。防御率は0.83だった。

2009年のプロ野球ドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズが4位で運天を指名し、交渉権を獲得した。

プロ入り後[編集]

プロ2年目の2011年、5月14日のオリックス・バファローズ戦で9回表にプロ初登板を果たす。先頭のマイク・ヘスマン本塁打を打たれるが、1イニングをその1失点のみに抑えた。

2014年10月3日付けで来季の契約を結ばないことが通達された[2]。12月2日、自由契約公示された[3]

日本ハム退団後、社会人野球チームのエナジック硬式野球部に入団。

選手としての特徴[編集]

柔らかなフォームから繰り出す、最高速150km/h(2010年ファームで計測)の速球と縦横2種類のスライダーカーブが武器の速球派。また遠投118メートルの強肩、50メートル走は6秒1と身体能力も高い。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 2 1 0 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 2 1 0 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 55 (2010年 - 2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]