誉田八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
誉田八幡宮
Konda-hachimangu03r.jpg
所在地 大阪府羽曳野市誉田三丁目2-8
位置 北緯34度33分31.9秒
東経135度36分35.6秒
座標: 北緯34度33分31.9秒 東経135度36分35.6秒
主祭神 応神天皇
社格 府社
例祭 9月15日
テンプレートを表示
南大門

誉田八幡宮(こんだはちまんぐう)は、大阪府羽曳野市にある神社である。旧社格府社。主祭神は応神天皇で、誉田御廟山古墳(応神天皇陵)の直ぐ南に鎮座する。

歴史[編集]

社伝によると、欽明天皇20年(559年)に任那の復興を目指した欽明天皇によって、応神天皇陵前に神廟が設置されたことをもって創建としている。このことから最古の八幡宮を称している。奈良時代には行基によって神宮寺長野山護国寺も創建された。永承6年(1051年)の後冷泉天皇行幸の際に、元の鎮座地から1ほど南の現在地に遷座した。

八幡神が源氏氏神とされることから、源氏姓を名乗る歴代の将軍をはじめ、武家の信仰を受けた。南北朝時代から戦国時代にかけては、別当職の誉田三河入道一族によって保護されたが、享徳3年(1454年)より始まった河内守護・畠山氏の内輪争いにより社殿・伽藍を焼失し荒廃した。三好氏により滅ぼされた応神天皇末裔の誉田氏の一部は、四国九州に逃れ、また、江戸期には、関西一円の香具師(やし)(露天商)の元締めとして君臨したといわれている。河内国を支配下に置いた織田信長により、社領をすべて奪われた。その後、豊臣秀吉は社領200石を寄進し、社殿を再建した。天正14年(1586年)に社殿が焼失したため、豊臣秀頼片桐且元を普請奉行に任命して社殿再建を行ったが、拝殿の建造中に大坂夏の陣・豊臣氏滅亡があり、建物の内部が未完成のままとなっている。江戸幕府も200石の社領を安堵し、数度にわたり社殿の修復を行った。

神宮寺の長野山護国寺は、明治初年の廃仏毀釈により大半の建物が取り壊され、現在は南大門のみが残る。

文化財[編集]

国宝

  • 塵地螺鈿金銅装神輿(ちりじらでんこんどうそうみこし)(鎌倉時代)
  • 金銅透彫鞍金具(古墳時代)

重要文化財

  • 紙本著色神功皇后縁起2巻(室町時代)
  • 絹本著色誉田宗廟縁起3巻(室町時代)
  • 舞楽面11面(二ノ舞2、散手1、貴徳1、天童1、陵王1、還城楽1、退走徳1、陵王1、納曽利2)附:退走徳4面(鎌倉 - 室町時代)
  • 松皮菱螺鈿鏡鞍(鏡地板共)附:杏葉轡(鎌倉時代)
  • 剣 銘真守(鎌倉時代)
  • 太刀 銘則国(鎌倉時代)
  • 薙刀 無銘大和物・鉄蛭巻薙刀拵(鎌倉時代)
  • 伏見天皇宸翰後撰和歌集 巻第廿(鎌倉時代)

日の丸神酒[編集]

正月三が日に振舞われる神酒赤ワインであることでも知られ、白いとのコントラストから「日の丸神酒」と呼ばれている。羽曳野市周辺はぶどうの生産が盛んでワインの醸造も行われている。

アクセス[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]