設楽洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
したら よう
設楽 洋
Yo Shitara 2020.jpg
設楽洋(2020年撮影)
生誕 (1951-04-13) 1951年4月13日(71歳)[1]
日本の旗 日本東京都新宿区[1]
出身校慶應義塾大学経済学部卒業
職業実業家
活動期間1979年 - 現在
雇用者株式会社ビームス代表取締役社長
株式会社ビームス クリエイティブ取締役(元代表取締役社長)
新光株式会社代表取締役社長
テレビ番組アナザースカイ
カンブリア宮殿
心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU
人生が変わる1分間の深イイ話
A-Studio
緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦
偉大なる創業バカ一代
設楽悦三(ビームス創業者)
親戚三浦りさ子(姪)
三浦知良(姪の夫)
三浦泰年(姪の夫の兄)
三浦獠太(姪の長男)
三浦孝太(姪の次男)
北村匠海(27親等)
受賞ニューヨークADC賞金賞
デザイン・エクセレント・カンパニー賞
第50回ベストドレッサー賞
公式サイトhttps://twitter.com/taracyan3
映像外部リンク
社長名鑑 Official YouTube Channel
「ビームス」誕生秘話と企業を存続させる人材マネジメントの極意【社長名鑑】 - YouTube
映像外部リンク
SPUR Official YouTube Channel
SPUR LOVE MODE 100 BEAMS代表・プロデューサー 設楽洋 - YouTube
映像外部リンク
ラファエル Official YouTube Channel
【ご報告】年商1000億円の会社社長になりました。【ラファエル】 - YouTube
ラファエルさんがキタっ!!ビームスおもろっ!! - YouTube
第50回ベストドレッサー賞受賞式(2021年12月2日撮影)
第50回ベストドレッサー賞受賞式(2021年12月2日撮影)
新宿ビームス(2017年撮影)

設楽 洋(したら よう、1951年4月13日 - )は、日本実業家。株式会社ビームス、株式会社ビームス クリエイティブの代表取締役『第50回ベストドレッサー賞』受賞。タレントファッションモデルである三浦りさ子(旧姓:設楽りさ子)の叔父俳優で『DISH//』リーダー北村匠海は27親等離れた遠い親戚にあたる。東京都新宿区生まれ、慶應義塾大学経済学部卒業。

概要[編集]

1951年昭和26年)東京都新宿区生まれ。父・悦三と母・恭子の長男として誕生。太平洋のようにおおらかで、元気な子に育ってほしいという想いから「洋」と名付けられた。副社長の遠藤恵司は小学校から大学生までの同級生。遠藤は「中学1年のときにコーラスグループを結成、以来バンドを組み、設楽は目立ちたがり屋で人を楽しませるのが好きな青年だった」と回顧する。設楽はボーカルとギター、遠藤はバンジョー担当だった[2]

新宿生まれだったことから何でも興味津々な少年時代だった。小・中学校の頃は、夜に家を抜け出して歌舞伎町の街を見に行くような子どもで、混沌とした文化の現場を見たいという興味が強かった。何が時代を動かしているのかを観察し、時代が変わる現場に立ち会うことが好きで、行きたい場所に行く、会いたい人に会うことに関しては貪欲だった。思春期を過ごした60年代後半から70年代前半は若者がアメリカのモダンなライフスタイルに憧れた時代で、ドルが360円の時代にアメリカに憧れて、どうにかアメリカの雰囲気を味わうために、米軍キャンプに忍び込む方法を考えたり、どんなに有名人でも、高校時代の友人とはご飯を食べに行くだろうと考えて、その友人と友達になれば会えるかもしれないとか考えたりした[3]。大学時代は湘南横須賀のベースキャンプで遊んでいてアメリカの生活を目の当たりにしていた。そんな学生時代からの憧れを形がビームスの原型ととなる[4]

もともとアーティストミュージシャンといった一芸に秀でたクリエーションに関わる人々に強い憧れがあった。設楽もそうなりたいと思っていて実際に絵や音楽、スポーツなど器用に何でもできるタイプだった。しかしトップの人にはかなわないと考えて、プロの人を集めて何かを生み出すプロデューサーも一種のクリエイターだと考えて広告の世界に入ろうと思った[3]

電通に入社。販促の企画・運営を手掛けるなか、設楽の父が経営する家業(段ボールなど輸送用パッケージの製造会社)がオイルショックの影響を受けて悪化。父親と話し合った結果、多角化の一つとして小売りビジネスに目をつけた。まずはメンズの服のみで始めた。自分が欲しいものと思うものを売ってみた。商品のコンセプトは「UCLAの学生の部屋」。当時のショップ名「アメリカンライフショップビームス」という意味のまま服だけでなくアメリカのライフスタイルを伝えたかった[4]。黎明期の原宿で6.5坪という小さな店ではじめ「ライフショップ」という切り口が珍しがられ多くの人が集まった。さらに広告代理店時代から付き合いのあったマガジンハウス(当時は平凡出版)のメンズ雑誌『ポパイ』の編集者と頻繁に流行の情報を交換。ボームスと『ポパイ』はほぼ同時に世の中に登場したこともあって、第一号の「カルフォルニア特集」にビームスの紹介記事が掲載されている。その結果ビームスに行けば尖った商品がいつもある、旬の情報を発信しているとイメージ訴求する形となった[5]

ちなみに1号店の名前は、父親が営む段ボール会社「新光株式」の一文字「光」をとって「ビームス」と名付けた[6]

略歴[編集]

人物[編集]

  • あだ名はタラちゃん。誰に対しても同じ態度で接することを心がけている。決していばらないけど、ヘコヘコもしない。社長だけど周囲に「ボス」か「タラちゃん」と呼ばせる。社長室もあえてフロアの一番手前に作って来客の顔がすぐに見え、社員が入りやすいようにドアはいつも開けている。年上の人には生意気だなと怒られた経験もあるが、長く付き合うには自分らしい態度を続けることで分かってもらえる。そっちの方がかわいがられるし得だと思っている[3]
  • 姪はファッションモデル三浦りさ子[9]。姪の夫はプロサッカー選手三浦知良[10][11]、その兄はサッカー指導者の三浦泰年、姪の長男は俳優三浦獠太、姪の次男はプロ格闘家でRIZINファイターの三浦孝太[12]
  • 俳優で『DISH//』の北村匠海は27親等離れた遠い親戚にあたる。[11][13]
  • 高校時代はバンド全盛で仲間とフォークバンドを組んでいた。本当はエレキのバンドをやりたかったが金がなかった。髪をアイビーカットにして、ロンドンストライプのボタンダウンに裾幅17.5㎝に絞ったコットンパンツとコインローファーを合わせるのが定番だった[14]
  • 浪人時代はウッドストックがあり、影響され髪を伸ばした。ベルボトムにロンドンブーツ、親指以外に指輪を全指にはめた[14]
  • 大学に入ったらヒゲを生やし初めてサーファーになった[14]
  • 生来のミーハー体質。大学を卒業してCMプランナーを夢みて広告代理店を志望したものの一つに仕事を絞り込むことができなかった[15]
  • 電通に働きながら副業をした設楽は当時、局長に呼ばれ「お前、ビームスとかいう店をやってるだろう? ウチは副業禁止だぞ」って問い詰められた。そこで設楽は「副業とはそっちからも収入を得ることです。僕はお金を注ぎ込んでるだけなんだから、これは趣味でしょ」と言い逃れたという。それから7〜8年、サラリーマンと「ビームス」の二足のわらじを履いた[16]
  • 電通を辞めてビームスに参画しようと決意した理由は2つ。父が結核で2度倒れたことと、代理店では味わえない「モノを売る手応えのある仕事」に関わりたいと思ったこと[17]
  • 既婚者であり、2020年には娘の結婚式に参加した[18]
  • 「第50回ベストドレッサー賞」の受賞式でベストドレッサー賞を受賞した設楽は「僕らの時代のファッションはVANとコカ・コーラが教えてくれた。ビームスは今年45年を迎えたが、40年目までは世界のいいものを紹介してきたが、これからは日本のいいものを世界に伝えたい」と思いをはせた[19]

仕事術[編集]

  • 「20~30代に伝えたいメッセージは?」と取材で聞かれ、「自分の目で見ろ、会いに行け、世界を体験しろ」と答えている。設楽が20代のころは、モノと情報がないために飢えていた。胸がキュンとする瞬間は自分が情報を欲している周りにあることが多い。人に話を聞き、いろんな場所を駆けずり回って、そこで得た情報を自分でつなげる作業が大切。一つの答え以外に知らなかったことを得ることはデータでは知ることのできない生身の自分が感じた体温があり、手触りのある情報が待っている[3]
  • 「どんな若者と仕事をしたいか?」と取材で聞かれ、「能天気でもいいからプラス思考な人間がいい」と答えている。新卒採用の面接に参加する時は最後に必ず、「今までの人生で自分は強運だと思いますか」と聞いている。周りから見てそうでもないけど本人がそう思うようなプラス思考な人の方がきっといろんなことを切り開いていくと思っている。設楽の若い時代、家で寝っ転がって友達と一緒にテレビを見ながら、「俺この人に会いたい」って言っているような能天気な性格だったから[3]
  • ビームスが長く続く秘訣について聞かれて「ファッションとは川のように流れているものと、底の方に沈殿しているものがライフスタイル。その両方をウチはやっている」と答えている[20]
  • 「日本一もうかる会社になるよりも、日本一周りを笑顔にする会社になりたい」と思っている。上場しないんですか?と聞かれることは多いが、設楽がいるうちはしない。上場すると止めなければいけないことがいっぱいある。社員たちに「努力は夢中に勝てない」と伝える。自分が夢中になって楽しんでいることは人にも伝わし、右に行った方が儲かるが、左に行った方が楽しいと言われたら左を選ぶ。それが設楽洋だしビームスそのものだとインタビューで答えている[3]
  • カルフォルニア州ロサンゼルスを『第二の故郷』を呼んでいる。日本テレビの『アナザースカイ』に出演のとき現地まで足を運び、お勧めのお店を紹介。次第にロサンゼルスいた頃の自分を思い出し「仲間になりたい」「そのコミュニティに入りたい」という気持ちこそが「セレクト(ショップ)」ということの原点だと気づいたと話す。「買い物っていうのは、物を手に入れるだけでなく、その先にある幸せをも手に入れる行為。だからこれからもホッコリ幸せな気分を味わえるそんな商品をセレクトし続けたい。仕事ですからね、趣味でやってるわけじゃないからキツイこととか、辛いことはありますよ。だけど大好きなことをやってるので・・、努力は夢中に勝てないと思いますね」と感極まった[21]
  • 設楽のポリシーとして「決して威張らず、ヘコヘコもしない。そんな人をカッコいいなと思います」とインタビュー取材で話している。上の人に対しても下の人に対しても同じような態度で臨むという[16]
  • 設楽は「いいオトコの三原則」として“熱い・強い・守る”の3つの要素を兼ね備えたオトコとインタビュー取材で話す。「ビームス」のコンセプトである“ハッピーライフソリューションカンパニー”にも通じるという[16]
  • 何度もピンチを背負ったビームスに設楽は幾度も「ピンチはチャンスではなく、ピンチはクイズだ!」と思うようにしているという。プラス思考の設楽でもさすがに落ち込んだ時にチャンスだと思えない。だから発想を変えてみてクイズと思うようにした。これこそプラス思考だと[22]

著書[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

日本テレビ
TBSテレビ
フジテレビ
テレビ東京
AbemaTV
YouTube

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b WWD・【平成プレイバック】 設楽洋ビームス社長が振り返る「eコマースの台頭」
  2. ^ 「ビームスの奇跡」182ページ~192ページ
  3. ^ a b c d e f 「ビームス」設楽社長に聞く 「私がNEXT LEADER世代だったころ」vol.5
  4. ^ a b 「BEAMS ボームス戦略」25ページ~27ページ
  5. ^ 「BEAMS ボームス戦略」28ページ~32ページ
  6. ^ テレビ東京『カンブリア宮殿』出演時の設楽洋の発言にて
  7. ^ 「ビームスの奇跡」41ページ
  8. ^ ビームス設楽洋社長がベストドレッサー賞「日本のいいものも世界に紹介」
  9. ^ 三浦りさ子 オフィシャルブログ 2014年12月31日
  10. ^ BEAMS設楽洋と設楽りさ子夫の三浦知良(カズ)は親戚
  11. ^ a b 【YAHOO!ニュース】北村匠海 三浦知良と“遠い親戚”だった、「急な親近感、カズダンスをやっていた」
  12. ^ 設楽洋公式ツイッター 2021年12月31日ツイート
  13. ^ 設楽洋公式ツイッター 2022年1月2日ツイート
  14. ^ a b c 【LEON】大人の“カッコいい”を取り戻せ Vol.03≪後編≫~ビームス社長・設楽 洋「波乗り感覚で仕事をしてきました」
  15. ^ 「BEAMS ボームス戦略」217ページ~219ページ
  16. ^ a b c 【LEON】大人の“カッコいい”を取り戻せ Vol.03≪前編≫~ビームス社長・設楽 洋「波乗り感覚で仕事をしてきました」
  17. ^ 「ビームスの奇跡」40ページ~43ページ
  18. ^ 設楽洋・タラちゃん3 on Twitter: "娘の結婚式… 嬉しくて| ORICON NEWS”. 2021年7月5日閲覧。
  19. ^ ベストドレッサー賞を吉岡里帆さん、田中圭さん、鳥海連志さんらが受賞
  20. ^ 「BEAMS ボームス戦略」167ページ
  21. ^ a b アナザースカイでロサンゼルスを選んだビームス社長 設楽洋さん
  22. ^ 【LEON】大人の“カッコいい”を取り戻せ Vol.03≪中編≫~ビームス社長・設楽 洋「波乗り感覚で仕事をしてきました」
  23. ^ a b c d e f g h i j k l テレビ出演・設楽洋
  24. ^ リアルとデジタル融合しコミュニティーブランドへ ビームス社長の覚悟
  25. ^ 2017年10月14日(土)22時~放送”. AbemaTV (2017年10月13日). 2018年2月28日閲覧。
  26. ^ 【ご報告】年商1000億円の会社社長になりました。【ラファエル】
  27. ^ 田中圭、2021年は「公私ともにいろいろあった」 来年の“運気回復”願う”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2021年12月2日). 2021年12月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]