西垣克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にしがき まさる
西垣 克
生誕 (1945-02-14) 1945年2月14日(74歳)
日本の旗 大阪府大阪市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 保健学
研究機関 東京大学
静岡県立大学
日本福祉大学
宮城大学
出身校 東京大学医学部卒業
東京大学大学院医学系研究科
単位取得満期退学
プロジェクト:人物伝

西垣 克(にしがき まさる、1945年2月14日 - )は、日本保健学者国際保健学地域医療病院管理)。学位保健学博士東京大学)。静岡県立大学名誉教授

東京大学大学院医学系研究科助教授、静岡県立大学看護学部教授日本福祉大学福祉経営学部教授、学校法人日本福祉大学執行役員、静岡県立大学学長(第4代)、静岡県立大学短期大学部学長(第4代)、静岡県公立大学法人副理事長、公立大学法人宮城大学理事長(第2代)、宮城大学学長(第4代)などを歴任した。

概要[編集]

生い立ち[編集]

1945年、大阪府大阪市にて生まれた[1][2]。その後、福岡県に転居し、福岡県立小倉高等学校を卒業した[1][2]高等学校卒業後は上京し、東京大学医学部保健学科にて保健学を修め、1970年に卒業した[2]。同大学の大学院に進学し、医学系研究科博士課程に在籍し、1975年に単位取得満期退学した[2]。なお、のちに東京大学から保健学博士の博士号を取得している。

学究活動[編集]

大学院を単位修得満期退学したのち、母校である東京大学の医学部にて助手として採用された[2]1992年、東京大学の大学院にて組織改編が行われ、医学系研究科に国際保健学専攻が新設された。それにともない、同専攻にて助教授に就任した[2]。なお、助教授在任中に、高神大学校の大学院にて客員教授も務めた[2]1997年静岡県立大学に転じ、看護学部教授に就任した[2]

マネジメント活動[編集]

1999年日本福祉大学の学園事業顧問に就任[3]。同大学マネジメント・スクールの講座企画および、ヘルスケアマネジメントの研究プロジェクトに参画。さらに、2003年に、同大学福祉経営学部の教授に就任すると同時に、同大学の設置者である学校法人日本福祉大学執行役員に就いた[2]。以降、教授として教学分野で活動すると同時に、執行役員として学校法人の管理・運営などマネジメント分野にも携わった。

2005年廣部雅昭の後任として、静岡県立大学の学長に任命され、同時に静岡県立大学短期大学部の学長も兼任することとなった[2]。学長として両大学の公立大学法人化に取り組み、2007年静岡県庁から静岡県公立大学法人に移管させた。2009年病気のため任期途中での学長辞任を表明した[1][4]。この事態を受け、同大学の副学長だった木苗直秀が学長代行に就任し[4]、のちに学長に昇任した[5][6]

2011年馬渡尚憲の後任として宮城大学学長に就任した。また、同大学の設置者である公立大学法人宮城大学理事長にも就任することになった。2017年、任期満了により宮城大学の学長と公立大学法人宮城大学の理事長を退任した[7]。後任には、文部科学省科学技術・学術政策局局長や科学技術・学術政策研究所所長などを歴任した科技官僚川上伸昭が就任した[7][8]

エピソード[編集]

東北地方太平洋沖地震[編集]

静岡県立大学と宮城大学は、ともに西垣が学長を務めた公立大学同士という経緯もあり、親交も深い[9]2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により宮城大学の学生が犠牲となった際には、両大学間で協議し、追悼の意を込めて静岡県立大学からカワヅザクラが寄贈されることになった[9][10]。この動きに東海大学も賛同し、同年6月、宮城大学の大和キャンパスに静岡県立大学と東海大学から贈られたカワヅザクラ30本が植樹された[9][10][11]

略歴[編集]

著作[編集]

共著[編集]

編著[編集]

翻訳[編集]

  • Ardith J. Hamilton著、西垣克監訳『クリティカルケアの看護技術』医歯薬出版、1988年ISBN 4263230787
  • Catherine H. C. Seaman, Phyllis J. Verhonick著、西垣克監訳『看護研究のすすめ方』医歯薬出版、1988年。ISBN 4263230388
  • Rita D. Zielstorff編、西垣克監訳『看護とコンピュータ』医歯薬出版、1995年ISBN 4263231619

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根正弘「会長挨拶」『Weekly Bulletin2009年2月18日
  2. ^ a b c d e f g h i j 「来賓卓話」『Weekly Bulletin2009年2月18日
  3. ^ 「2000年度開発研プロジェクト研究計画――8プロジェクトが研究始動」『日本福祉大学福祉社会開発研究所ニュースレター』2巻、日本福祉大学福祉社会開発研究所2000年5月、13頁。
  4. ^ a b 「静岡県立大学・学長が病気療養のため辞任」『静岡県立大学・学長が病気療養のため辞任 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年1月31日
  5. ^ 「静岡県立大次期学長に木苗氏」『静岡県立大次期学長に木苗氏 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年2月13日
  6. ^ 「新学長の就任について」『新学長の就任について:静岡県公立大学法人 静岡県立大学 短期大学部静岡県立大学短期大学部
  7. ^ a b 「宮城県知事記者会見(平成28年11月7日)」『宮城県知事記者会見(平成28年11月7日) - 宮城県公式ウェブサイト宮城県2016年11月7日
  8. ^ 川上伸昭「学長就任にあたって」『【挨拶】学長就任にあたって - 宮城大学公式ウェブサイト宮城大学2017年4月1日
  9. ^ a b c 「河津桜で希望を届けよう――宮城大学で苗木植樹」『河津桜で希望を届けよう 宮城大学で苗木植樹 - MSN産経ニュース産経デジタル2011年6月23日
  10. ^ a b 「河津桜植樹式について」『災害に係る連絡事項|宮城大学宮城大学2011年6月14日
  11. ^ 河津桜植樹式2011年6月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
馬渡尚憲
宮城大学理事長
第2代 : 2011年 - 2017年
次代:
川上伸昭
先代:
馬渡尚憲
宮城大学学長
第4代 : 2011年 - 2017年
次代:
川上伸昭
先代:
廣部雅昭
静岡県立大学学長
第4代 : 2005年 - 2009年
次代:
木苗直秀
先代:
廣部雅昭
静岡県立大学短期大学部学長
第4代 : 2005年 - 2009年
次代:
木苗直秀