博士(保健学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

博士(保健学)(はくし ほけんがく)は、博士学位であり、保健学(医学・医療系の学問体系の中における臨床検査学放射線学看護学リハビリテーション科学など)に関する専攻分野を修めることによって、当該大学の大学院より授与されるものである。

1991年以前の日本では、保健学博士(ほけんがくはくし)という博士の学位が授与されており、保健学博士は、現在の「博士(保健学)」に相当する。

保健学博士は、1969年の学位規則改正により追加された。

概要[編集]

日本では主に、博士(保健学)の学位は医学部保健学科を設置した大学の大学院博士課程によって授与される。

医学部保健学科は臨床検査技師診療放射線技師看護師(あるいは保健師助産師)、理学療法士作業療法士などを養成する学科であるため、博士(保健学)の学位取得者は、これら医療系の資格所有者であることが多い。

英語においては、各国による学位制度に違いがあるものの、Doctor of Philosophy (Ph.D.) の一部と Doctor of Health Education が、博士(保健学)に相当する。

日本で授与された博士(保健学)の英語での表記方法としては、Doctor of Philosophy in Health Scienceが一般的である。

医療従事者の博士の学位[編集]

関連学位[編集]

保健学博士の下に位置づけられる学位として、大学院修士課程の修士 (保健学)、大学(四年制大学)の学士(保健学)がある。修士および学士も博士の学位と同様に、大学によって名称に多様性がある。

関連項目[編集]