蔵田周忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蔵田 周忠(くらた ちかただ、1895年2月26日 - 1966年3月7日)は日本の建築家分離派建築会に参加し、表現主義からモダニズムの作品を手掛けた。海外の建築作品を精力的に紹介し、建築史関係の著作も多い。また、東京高等工芸学校武蔵工業大学で後進を指導した。

経歴[編集]

山口県の出身、旧姓は浜岡。1913年、工手学校(新制工学院大学の前身)を卒業。同年、三橋四郎の設計事務所に入所。三橋の逝去後、曽禰達蔵らの曽禰中條建築事務所に移った。1920年、早稲田大学に選科生として入学。1921年、平和記念東京博覧会(上野公園、1922年)施設建設の技術員になり、ここで分離派建築会堀口捨己らと知り合い、同会に参加した。

1922年、三橋事務所の先輩だった関根要太郎の事務所に入所、京王閣や聖蹟記念館などの設計に関わった。

1927年、東京高等工芸学校(新制千葉大学工芸学部の前身)講師(1943年まで)、1930年にワイマール共和政時代のドイツに渡り、バウハウスグロピウスなどモダニズムの作品に接した。1932年、武蔵高等工科学校(新制武蔵工業大学(現東京都市大学)の前身)教授に就任。1962年、「農家の居住性に関する研究」により工学博士号を取得。

作品[編集]

著訳書[編集]

  • エジプトの文化と建築(1922年) 森口多里・浜岡周忠編
  • 印度の文化と建築(1924年) 森口多里・浜岡周忠編
  • 近代建築思潮(1924年) 浜岡周忠著
  • ロダン以後(1926年) 蔵田周忠著
  • ルネッサンス文化と建築(1926-1927年)
  • ブルーノ・タウト(1942年)
  • グロピウス(1953年)
  • 民家帖(1955年)
  • 近代建築史(1965年)
  • グロピウス「生活空間の創造」 戸川敬一共訳
     (彰国社、1958年)-アメリカ移住後の講義録を元にした著作。

外部リンク[編集]

  • 「生き続ける建築11 蔵田周忠」(INAX REPORT No177)[1]