結城充考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
結城 充考
(ゆうき みつたか)
誕生 (1970-12-26) 1970年12月26日(48歳)
日本の旗 日本 香川県高松市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2005年 -
ジャンル SFミステリーライトノベル
代表作 『プラ・バロック』(2009年
主な受賞歴 電撃小説大賞銀賞(2004年)
日本ミステリー文学大賞新人賞(2008年)
デビュー作奇蹟の表現
子供 2人
公式サイト mi2yuki:log(本人によるブログ)
mi2yuki:Log(旧ブログ)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

結城 充考(ゆうき みつたか、1970年12月26日[1] - )は、日本小説家。男性。

来歴[編集]

1970年香川県高松市に生まれる[1]。少年時代を埼玉県で過ごす。妹はクラシックギタリスト坪川真理子2009年現在東京都在住。

高校時代からSF時代小説に傾倒。映画の自主制作に関わり、その後20代後半から小説の執筆に着手する。

2004年、『奇蹟の表現』で第11回電撃小説大賞の銀賞を受賞。受賞作は翌2005年電撃文庫より刊行され、作家としてデビューする。しかしデビュー作の『奇蹟の表現』は2006年の時点で第3巻までが刊行されるも以降続刊が途絶え、しばらく作品の発表が無くなる。

2008年有栖川有栖石田衣良ら選考委員から絶賛され、『プラ・バロック』で第12回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。

2009年3月、光文社より『プラ・バロック』刊行。2010年には短編作品『雨が降る頃』が第63回日本推理作家協会賞候補となった。

2011年8月、初の短編集である『衛星を使い、私に』を刊行。2012年4月、『別册文藝春秋』にて初の連載小説『クロム・ジョウ』の連載を開始。

2013年11月、『奇蹟の表現』シリーズ以来のSF作品となる『躯体上の翼』を刊行。

2015年テレビ朝日にて『クロハ 機捜の女性捜査官』のタイトルで、『プラ・バロック』がテレビドラマ化。

作風[編集]

作品に登場する主要人物は、日本語の名前であっても概ね片仮名で表記される(「シマ」「クロハ」等)。SF的な趣向の作品を得意としており、デビュー作の『奇蹟の表現』では近未来的な世界観でストーリーを展開した。2009年の『プラ・バロック』は現代を舞台としたミステリーではあるものの、もともとはSF作品として構想していたアイデアを、現代に舞台を移して再構成したものである[2]

『プラ・バロック』以降は主にミステリー小説を中心に執筆活動を続けている。同一シリーズ以外の各作品は直接的な繋がりはないものの、同一の固有名詞が登場するなど作品同士の関連を思わせる描写も存在する[3]

刊行リスト[編集]

小説[編集]

奇蹟の表現シリーズ[編集]

クロハシリーズ[編集]

  • プラ・バロック (光文社2009年3月 / 光文社文庫2011年3月) - 第12回日本ミステリー文学大賞新人賞
  • エコイック・メモリ (光文社、2010年8月 / 光文社文庫、2012年8月)
  • 衛星を使い、私に (短編集、光文社、2011年8月 / 光文社文庫、2013年9月)
    • 唯一のエス (『小説宝石』2010年10月号初出)
    • 二つからなる銃弾 (『小説宝石』2011年1月号初出)
    • 雨が降る頃 (『小説宝石』2009年6月号初出) - 第63回日本推理作家協会賞候補
    • 衛星を使い、私に (『ジャーロ』2011年春号初出)
    • Sは瞼をとじた (『小説宝石』2011年5月号初出)
    • 計算による報酬 (『小説宝石』2011年7月号初出)
  • アルゴリズム・キル (光文社、2016年6月 / 光文社文庫、2018年6月)

捜査一課殺人班イルマシリーズ[編集]

  • 狼のようなイルマ (祥伝社、2015年5月)[4]
  • ファイアスターター (祥伝社、2017年05月)
  • エクスプロード (祥伝社、2017年10月)

その他[編集]

未単行本化[編集]

参加アンソロジー[編集]

短編作品『雨が降る頃』収録。
短編作品『交差』収録。
  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2014 (徳間書店、2014年6月)
短編作品『ソラ』収録。

その他発行物[編集]

エッセイ[編集]

  • 夢 (『月刊J-novel』2009年8月号、実業之日本社
  • ミステリーズ・バー『I』 (『ミステリーズ!』Vol.36、東京創元社
  • ウッカリショッピング (『小説すばる』2009年9月号、集英社
  • 私を変えたこの一冊『生命』 (『小説トリッパー』2009年冬季号、朝日新聞出版
  • 帰り道、思い出した光景 (『ミステリマガジン』2010年2月号、早川書房)
  • 警察官の見上げた光景 (『小説宝石』2011年9月号、光文社)
  • やり残した何か (『月刊J-novel』2012年7月号、実業之日本社)
  • 旅と武器 (『本の旅人』2012年7月号、角川書店
  • クロハの存在する空間 (『小説宝石』2015年2月号、光文社)

インタビュー[編集]

対談[編集]

  • 新人賞受賞記念対談:「『プラ・バロック』に出会えて幸せだった」と書かれていて、舞い上がりました (『ジャーロ』2009年春号、光文社) - 有栖川有栖との対談

補足[編集]

  • Vシネマへの出演経験がある。給料1,000円、拘束時間5時間、出演時間2秒の通行人役であり、自身でも「どこに映っているのかよく分からない」とのこと[6]
  • 少年時代、プロレスラースタン・ハンセンに怒られたことがある。サインをもらおうと大勢で取り巻いたためとのこと[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.469
  2. ^ 新人賞受賞記念対談:「『プラ・バロック』に出会えて幸せだった」と書かれていて、舞い上がりました, 『ジャーロ』2009年春号, 光文社
  3. ^ 義眼の少年』と『躯体上の翼』に登場する企業「低温生活」等
  4. ^ 現代を舞台に、『奇蹟の表現』の登場人物であるイルマを主人公に据えた作品。
  5. ^ a b 電撃文庫より刊行されていた『奇蹟の表現』の番外編。
  6. ^ 奇蹟の表現』作者プロフィール。
  7. ^ 奇蹟の表現 2 雨の役割』作者プロフィール。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]