笹田和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
笹田 和子
Tanaka Sonoko and Sasada Kazuko.JPG
ピアニストの田中園子(左)とともに(1951年のユーディ・メニューイン訪日公演時)
基本情報
生誕 1921年6月30日
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
死没 2007年11月30日
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック
職業 ソプラノ歌手

笹田 和子(ささだ かずこ、1921年6月30日 - 2007年11月30日)は、日本ソプラノ歌手

略歴[編集]

大阪府大阪市出身[1]東京音楽学校(現・東京芸術大学)卒業後、1942年藤原歌劇団が日本初演したワーグナーのオペラローエングリン』で主演でデビューを果たす。1946年織田作之助と結婚。藤原歌劇団や二期会などで活躍。京都市立音楽短期大学(現在の京都市立芸術大学)や宝塚歌劇団などで講師を務めた[1]

2007年11月30日、虚血性心疾患のため大阪府吹田市の病院で死去、86歳没[1]

著書[編集]

  • 『ああ、わが歌、わが人生―三度のガンをこえ、オペラとともに』

脚注[編集]

  1. ^ a b c “笹田和子さん死去 声楽家”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年12月3日). http://www.47news.jp/CN/200712/CN2007120301000577.html 2015年4月25日閲覧。 

関連文献[編集]