内藤濯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内藤 濯(ないとう あろう、1883年7月7日 - 1977年9月19日)は、フランス文学者、評論家翻訳家エッセイスト

フランス作家アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『Le Petit Prince』(直訳すると「小さな大公」)を初めて『星の王子さま』と訳したことや、1908年に雑誌『音楽界』の中で「印象主義の楽才」として日本に初めて作曲家クロード・ドビュッシーの作品を紹介したことで知られる[1][2]

生涯[編集]

熊本県熊本市に生まれる。父泰吉は軍医。熊本市立慶徳小学校から福岡県立中学伝習館に進む。同期に北原白秋がいた。

上京して開成中学校に転校。在学中に文学に目覚め、和歌新体詩に熱中。1903年卒業第一高等学校文科丙類では日本ユニテリアン協会に参加。

1907年東京帝国大学文学部仏文学科に入学。1910年に卒業。フランス語教官として陸軍幼年学校に勤務。のち第一高等学校に奉職中、文部省在外研究員となり、パリ留学。1924年帰国後、東京商科大学(現在の一橋大学教授となる。当時の教え子に伊藤整葛川篤佐倉潤吾瀬沼茂樹田中西二郎がいた[3]。1931年、フランス政府からレジオン・ドヌール・シュバリエ勲章を受ける。1944年、商科大を定年退官。

戦後、昭和女子大学講師を務める。1971年1月、歌会始召人に選ばれ「鞍馬苔からみあひつつ庭つちに居つけりと見ゆ小さきわが家」が詠進される。1972年、昭和女子大を退職。

長男の内藤初穂(1921年 - 2011年)は編集者などを経て作家。父の伝記『星の王子の影とかたちと』を執筆している。次男の内藤幸穂(1924年 - 2014年)は学校法人関東学院元理事長。

著書[編集]

  • 生の更改と新藝術  警醒社書店 1914 (近代思潮叢書)
  • ロマン・ロオランの思想と藝術  天弦堂 1915 (近代思潮叢書)
  • 實習佛蘭西文典  佛蘭西學會 1918
  • 佛蘭西近代詩評釋  白水社 1933
  • 思はざる収穫-佛蘭西文藝随筆 白水社 1935
  • いっすんぼうし  至光社 1964
  • 『星の王子とわたし』 文藝春秋 1968/文春文庫 1976/丸善 2006
  • 『未知の人への返書』 中央公論社 1971/中公文庫 1978
  • 『思索の日曜日』 木耳社 1973
  • 『落穂拾いの記』 岩波書店 1976
  • 星の王子パリ日記 グラフ社 1984

訳書[編集]

伝記[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内藤初穂『星の王子の影とかたちと』筑摩書房、2006年
  2. ^ 内藤濯とは - コトバンク
  3. ^ 伊藤整 『我が文学生活 I』 講談社、1954年、238p。