朝日会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝日会館
Asahikaikan 1926.jpg
新築記念当時の絵葉書
情報
用途 映画上映、劇場、展示場
設計者 松下甚三郎
構造設計者 青柳貞世
施工 竹中工務店
事業主体 朝日新聞社
管理運営 社団法人朝日新聞社会事業団
構造形式 鉄骨、鉄筋コンクリート
階数 地上6階、地下1階
着工 1925年(大正14年)3月25日
竣工 1926年(大正15年)10月9日
所在地 530-0005
大阪府大阪市北区中之島
テンプレートを表示

朝日会館(あさひかいかん)はかつて大阪市北区中之島に存在した文化施設である[1]。経営母体は大阪朝日新聞社で、映画上映、コンサート、演劇上演、美術品展示といったさまざまな用途に使われ、戦前から戦後にかけて、関西の文化活動の中心地のひとつであった。

概要[編集]

朝日会館は、1926年竹中工務店の施工で建設された。1962年に閉館した後の役割を担っているのが現在のフェスティバルホールである。大阪以外に京都や神戸、名古屋にも、朝日会館が建設された[1]

朝日会館での催し[編集]

朝日会館では、海外から招へいした音楽家による演奏会が行われた。戦前には宝塚歌劇団[2]、その後も藤原歌劇団や宝塚交響楽団の公演も行われた[1]。また、映画上映会は「映画ア―ベント」と呼ばれ、朝日会館の集客の目玉であった[1]。その他、関西の劇団だけでなく、東京の劇団も来演した。翻訳劇のほか、戦時下にも新劇の上演が多く行われた[1]。歌劇や劇団に限らず、能楽など日本文化演目も上映され、多くの演目が上映された [3]

機関紙『会館芸術』[編集]

朝日会館では、1931年から1953年まで機関誌が発行された(全222冊)[4]。創刊号の特集は、舞踊家の伊藤道郎(イトウ・ミチオ)と声楽家のトティ・ダル・モンテであった[1]。当初は朝日会館の催しのパンフレットの機能が強かったが、1933年7月に月刊化され、評論や小説が掲載されるなど、読み物としての側面が強くなった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 朝日会館および『会館芸術』について”. 朝日会館・会館芸術研究会. 2017年11月12日閲覧。
  2. ^ 文化・情報 膨らむ夢 フェスティバルホール新時代へ - 朝日新聞Web版・2007年4月2日付け掲載記事
  3. ^ 大阪朝日会館が果たした役割”. 大阪音楽大学. 2017年12月28日閲覧。
  4. ^ a b 会館芸術 第Ⅰ期 戦前篇 全11巻”. ゆまに書房. 2017年11月12日閲覧。

参考文献[編集]