内田るり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内田 るり子(うちだ るりこ、1920年8月8日 - 1992年5月1日[1])は、日本の声楽家、民俗音楽研究者。

東京生まれ。1942年東京音楽学校声楽科卒。1952年山形大学助教授、1954年日本女子体育短期大学助教授、1956年国立音楽大学助教授、教授。1962年ウィーン大学哲学科中退[2]。91年国立音大名誉教授。91年「奄美民謡とその周辺」で國學院大學文学博士。   門下にペギー葉山がいる。

著書[編集]

  • 『ヨーロッパに歌を求めて』音楽之友社 1964
  • 『田植ばやし研究』雄山閣出版 1978
  • 『奄美民謡とその周辺』雄山閣出版 1983
  • 『沖縄の歌謡と音楽 Ethnomusicological considerations』第一書房 1989
編纂

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年