竹部歩美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹部 歩美
(たけべ あゆみ)
人物情報
国籍 日本の旗 日本
出身校 國學院大學文学部第II部卒業
國學院大學大学院
文学研究科博士課程前期修了
國學院大學大学院
文学研究科博士課程後期修了
学問
研究分野 国語学・国語史
学位 博士(文学)國學院大學2003年
テンプレートを表示

竹部 歩美(たけべ あゆみ)は、日本言語学者国語学国語)。学位博士(文学)國學院大學2003年)。静岡県立大学国際関係学部講師大学院国際関係学研究科講師。

國學院大學大学院特別研究員独立行政法人国立国語研究所情報資料部門文献情報グループ研究補佐員、首都大学東京大学院人文科学研究科助教などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

新潟県出身。國學院大學に進学し、文学部第II部の文学科にて学んだ[1]1997年3月、國學院大學を卒業した[1]。その後は國學院大學の大学院に進学し、文学研究科にて学んだ[1]1999年3月、國學院大學の大学院にて博士課程前期を修了した[1]。さらに、2003年3月には、國學院大學の大学院にて博士課程後期を修了した[1]。それにともない、博士(文学)学位を取得した[2]。論題は「古代日本語における接続表現の研究」である[3]

研究者として[編集]

大学院修了後は、2003年4月より2004年3月にかけて、國學院大學の大学院にて特別研究員を務めた[4]。また、2003年4月からは、國學院大學の文学部においても講師を兼任している[4]。なお、2003年4月から2005年3月にかけては、東京学芸大学教育学部において、講師を非常勤で兼任した[4]。2003年9月独立行政法人[註釈 1]である国立国語研究所に採用され、情報資料部門の文献情報グループにて研究補佐員となった[4]。それ以来、2007年3月まで国立国語研究所にて同職を務めた[4]。なお、2006年9月から2010年9月にかけて、麗澤大学外国語学部にて、講師を非常勤で兼任した[4]。この頃より、特許庁審査官補を養成するコースにて、研修の講師を兼任していた[5]。2007年4月首都大学東京に転じ、大学院の人文科学研究科にて助教に就任した[4]。人文科学研究科においては、主として人間科学専攻の講義を担当した[4]。それ以来、2010年3月まで首都大学東京にて同職を務めた[4]。なお、2008年9月から2011年3月にかけて、立正大学の文学部にて、講師を非常勤で兼任した[4]。2010年4月静岡県立大学に転じ、国際関係学部にて講師に就任した[4]。国際関係学部においては、主として国際言語文化学科の講義を担当した。また、静岡県立大学の大学院では、国際関係学研究科の講師を兼務した。国際関係学研究科においては、主として比較文化専攻の講義を担当した。

研究[編集]

専門は言語学であり、特に国語学国語といった分野を中心に研究している[6]。特に、平安時代における和文語彙や語法についての研究に、積極的に取り組んでいる[7]。具体的な例としては、『源氏物語』を題材として取り上げ、それを通じて当時の語彙や語法についての研究を試みている[7]。また、古代から現代にかけての日本語文法を研究している[7]。また、国学者である石塚龍麿が著した『仮名遣奥山路[註釈 2]を翻刻したことでも知られている[8][9][10]。『仮名遣奥山路』は江戸時代に著されたが、版行されなかったため写本しか伝わっておらず[11]、活字化されたのは1929年に「日本古典全集」シリーズに採録された『仮字遣奥山路』が唯一の例であった[11][12][13]。この「日本古典全集」に収録された『仮字遣奥山路』は、国文学者の正宗敦夫が編纂・校訂を手掛けており[12][13]言語学者橋本進吉の写本に基づいて翻刻したとされている[11]。しかし、「日本古典全集」の『仮字遣奥山路』に対しては、本文の脱落、出典の異同、写本との漢字表記の差異といった、さまざまな問題点が指摘されていた[11]。こうした背景から、竹部は橋本の写本に基づいて、改めて一から『仮名遣奥山路』を翻刻した[11]。そのほか、文法などに関する専門書を上梓しているが[14]、それだけでなく、日本漢字能力検定に関する問題集の監修なども手掛けている[15]

学術団体としては、日本語学会、近代語学会、解釈学会、國學院大學国語研究会、國學院大學院友学術振興会、首都大学東京/東京都立大学日本語・日本語教育研究会、東京都立大学国語国文学会などに所属している[16]

略歴[編集]

著作[編集]

共著[編集]

分担執筆[編集]

監修[編集]

  • 浅川哲也・竹部歩美監修『出る順+出題形式別漢字検定2級問題集』ナツメ社2009年ISBN 9784816347566
  • 浅川哲也・竹部歩美監修『出る順+出題形式別漢字検定準2級問題集』ナツメ社、2009年。ISBN 9784816347573
  • 浅川哲也・竹部歩美監修『出る順+出題形式別漢字検定3級問題集』ナツメ社、2009年。ISBN 9784816347580
  • 浅川哲也・竹部歩美監修『出る順+出題形式別漢字検定4級問題集』ナツメ社、2009年。ISBN 9784816347597

その他[編集]

  • 『竹部歩美提出学位請求論文「古代日本語における接続表現の研究」審査報告書』国学院大学2003年

脚注[編集]

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ のちに大学共同利用機関法人である人間文化研究機構が設置する大学共同利用機関となる。
  2. ^ 仮名遣奥山路』は、「仮字用格奥能山路」「仮字遣奥山路」とも表記される。たとえば、正宗敦夫の編纂・校訂した書籍(石塚竜麿著、正宗敦夫編纂・校訂『仮字遣奥山路』上巻、日本古典全集刊行会、1929年)では「仮字遣奥山路」と表記しているが、竹部歩美の翻刻した論文(竹部歩美翻刻「石塚龍麿『仮名遣奥山路』上・東大蔵橋本進吉写本(翻刻)」『新國學』復刊5号、國學院大學院友学術振興会、2013年)では「仮名遣奥山路」と表記している。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「学歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  2. ^ 「学位」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  3. ^ 『竹部歩美提出学位請求論文「古代日本語における接続表現の研究」審査報告書』国学院大学2003年
  4. ^ a b c d e f g h i j k 「主な経歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  5. ^ 「主な社会活動」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  6. ^ 「専門分野」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  7. ^ a b c 「主要研究テーマ」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  8. ^ 竹部歩美翻刻「石塚龍麿『仮名遣奥山路』上・東大蔵橋本進吉写本(翻刻)」『新國學』復刊5号、國學院大學院友学術振興会、2013年
  9. ^ 竹部歩美翻刻「石塚龍麿『仮名遣奥山路』中・東大蔵橋本進吉写本(翻刻)」『国際関係・比較文化研究』12巻2号、静岡県立大学国際関係学部2014年3月、25-44頁。
  10. ^ 竹部歩美翻刻「石塚龍麿『仮名遣奥山路』中・東大蔵橋本進吉写本(翻刻)その2」『国際関係・比較文化研究』13巻1号、静岡県立大学国際関係学部2014年9月、19-39頁。
  11. ^ a b c d e 菅野雅雄「院友学術振興会からの報告」『國學院大學院友會報』355号、國學院大學院友会、2014年1月1日、12頁。
  12. ^ a b 石塚竜麿著、正宗敦夫編纂・校訂『仮字遣奥山路』上巻、日本古典全集刊行会、1929年
  13. ^ a b 石塚竜麿著、正宗敦夫編纂・校訂『仮字遣奥山路』下巻、日本古典全集刊行会、1929年
  14. ^ 浅川哲也・竹部歩美『歴史的変化から理解する現代日本語文法』おうふう2014年
  15. ^ 浅川哲也・竹部歩美監修『出る順+出題形式別漢字検定2級問題集』ナツメ社2009年
  16. ^ 「所属学会」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]