立命館大学理工学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
立命館大学 > 立命館大学理工学部
ウエストウイング
(びわこ・くさつキャンパス)

立命館大学理工学部(りつめいかんだいがくりこうがくぶ、英称:College of Science and Engineering)は、滋賀県草津市立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)に設置されている理工学部である。

概要[編集]

立命館大学理工学部は20世紀初頭創立の私立電気工業講習所を源流とし、1949年に設立された学部である[1][2]関西地区の総合大学理工学部としてはもっとも早く設立された伝統を有し、理学工学の融合した研究・教育を行っている[3]

沿革[編集]

  • 1914年 私立電気工業講習所を創設(京大構内)[1]
  • 1938年 私立電気工業講習所を継承し、立命館高等工科学校を開設(北大路学舎)[4]
  • 1939年 立命館日満高等工科学校に改組(4月)。等持院学舎(現在の衣笠キャンパス)に移転(11月)[5]
  • 1940年 日本刀鍛錬所を設置[4]
  • 1942年 立命館日満高等工科学校を立命館大学専門学部工学科に改組し、理学科を増設[6]
  • 1944年 専門学部を立命館専門学校に改組[7]
  • 1949年 新制立命館大学理工学部を設置[2](数学物理学科・化学科・電気工学科・機械工学科・土木工学科)。
  • 1951年 旧制の専門学校廃止[8]
  • 1952年 大学院工学科を設置。
  • 1955年 理工学研究所を設立[2]
  • 1964年 理工学部二部を改組し基礎工学科設置。
  • 1987年 情報工学科を設置。
  • 1993年 電子工学科を電気電子工学科と改称。
  • 1994年 新設のびわこ・くさつキャンパス(BKC)に移転[2]。生物工学科・環境システム工学科・情報学科を設置。
  • 1996年 光工学科・ロボティクス学科を設置。
  • 2000年 数学物理学科を数理科学科・物理科学科に改組。化学科・生物工学科をそれぞれ応用化学科・化学生物工学科と改称。
  • 2001年 光工学科を電子光情報工学科と改称。大学院理工学研究科フロンティア理工学専攻を設置。
  • 2004年 情報学部が情報理工学部として独立[2]。電子情報デザイン学科・マイクロ機械システム工学科・建築都市デザイン学科を増設。土木工学科を都市システム工学科と改称。
  • 2012年 電気電子情報工学科と電子光情報工学科を統合し「電気電子工学科」、電子情報デザイン学科を「電子情報工学科」、機械工学科とマイクロ機械システム工学科を統合して「機械工学科」にそれぞれ再編。
  • 2018年 都市システム工学科と環境システム工学科を統合し「環境都市システム工学科」を開設。

学科[編集]

  • 入学・編入学定員1015人[9]
    • 数理科学科[9]
    • 物理科学科[9]
    • 電気電子工学科[9]
    • 電子情報工学科[9]
    • 機械工学科[9]
    • ロボティクス学科[9]
    • 環境都市工学科[9]
    • 建築都市デザイン学科[9]

著名な出身者[編集]

政治、行政[編集]

経済[編集]

マスコミ、ジャーナリズム[編集]

研究[編集]

文化、芸能[編集]

スポーツ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 無題立命館大学
  2. ^ a b c d e 年表で見る立命館立命館大学
  3. ^ 学部長挨拶立命館大学理工学部
  4. ^ a b 立命館学園略年表(戦前・戦中期)11頁(『立命館百年史』 通史第一巻)
  5. ^ 『立命館百年史』 通史第一巻、608-619頁
  6. ^ 立命館学園略年表(戦前・戦中期)12頁(『立命館百年史』 通史第一巻)
  7. ^ 立命館学園略年表(戦前・戦中期)13頁(『立命館百年史』 通史第一巻)
  8. ^ 『立命館百年史』 通史第二巻、264-265頁)
  9. ^ a b c d e f g h i 学生・生徒・児童数  (2018年5月1日現在)立命館大学

外部リンク[編集]