西谷文和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西谷 文和(にしたに ふみかず、1960年-)は、京都府出身のフリージャーナリスト

経歴[編集]

立命館大学理工学部中退、大阪市立大学経済学部卒業、吹田市役所勤務を経た後、フリージャーナリストに転身した[1]

2003年12月には「イラクの子どもを救う会」を設立。2006年度「平和協同ジャーナリスト大賞」を受賞。

主張[編集]

アフガン写真削除騒動[編集]

2021年8月、朝日新聞が西谷より提供を受け掲載した写真について、インターネット上の写真を盗用していることが指摘されたため、朝日新聞は謝罪記事を出すこととなった。なおこの件について西谷は「通訳のアブドラが撮った」「剽窃ではない」とブログで主張している[2][3]

著作[編集]

  • DVD「イラク 戦場からの告発」
  • DVD「ジャーハダ イラク民衆の闘い」
  • 『南ア・ボスニア・カンボジア なにわの公務員ドキドキ一人旅』ウインかもがわ 1997
  • 西谷文和の「戦争あかん」シリーズ /せせらぎ出版
1『報道されなかったイラク戦争』2007
2『戦場からの告発──アメリカがイラクにこだわる5つの理由』2008
3『オバマの戦争 アフガン最前線から平和の仮面を剥ぐ』2010
  • 『戦火の子どもたちに学んだこと アフガン、イラクから福島までの取材ノート』かもがわ出版 13歳からのあなたへ 2012
共著
  • 『原発はイヤ!だから自然エネルギー デンマークが教えてくれる日本のこれから』藤永延代共著 日本機関紙出版センター 2011

出演[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]