大南正瑛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大南 正瑛(おおなみ まさてる、1931年4月6日 - )は、日本工学者勲等瑞宝重光章学位工学博士京都大学・1960年)。

概要[編集]

京都府生まれ。学校法人立命館総長、立命館大学学長、京都橘女子大学(現:京都橘大学)学長を歴任した。

また、社団法人日本私立大学連盟常務理事、文部科学省大学設置・学校法人審議会常任委員、大学入試センター運営委員、財団法人大学コンソーシアム京都副理事長、文部科学省大学設置分科会運営委員、同省中央教育審議会専門委員、同省大学評価・学位授与機構評議員を歴任した。

経歴[編集]

主な著作[編集]

  • 「大学評価文献選集」(大南正瑛、清水一彦早田幸政/2003年、エイデル研究所)
  • 「大学評価を読む<JUAA選書>」(丹保憲仁、大南正瑛、大学基準協会監修/2001年、エイデル研究所)
  • 「いま、大学の臨時的定員を考える<JUAA選書9>」(大南正瑛、大学基準協会監修/1999年、エイデル研究所)
  • 「夢、それは実現するもの<テクノライフ選書> 材料力学の研究から」(大南正瑛/1998年、オーム社)
  • 「新時代の科学技術 21世紀への科学技術の展望」(大南正瑛、谷口吉弘/1989年、法律文化社)
  • 「多結晶体の強度と破壊<破壊力学と材料強度講座>」(大南正瑛、塩沢和章/1976年、培風館)
  • 「マイクロメカニックス入門」(大南正瑛/1980年、オーム社)
  • 「破壊力学入門」(村上裕則、大南正瑛/1979年、オーム社)

外部リンク[編集]