秋田火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Crystal energy.svg 秋田火力発電所
秋田火力発電所
秋田火力発電所
種類 火力発電所
電気事業者 東北電力
所在地 日本の旗 日本
秋田県秋田市飯島字古道下川端217-6
北緯39度47分01秒 東経140度02分55秒 / 北緯39.78361度 東経140.04861度 / 39.78361; 140.04861座標: 北緯39度47分01秒 東経140度02分55秒 / 北緯39.78361度 東経140.04861度 / 39.78361; 140.04861
2号機
発電方式 汽力発電
出力 35万 kW
燃料 重油原油
営業運転開始日 1972年2月
4号機
発電方式 汽力発電
出力 60万 kW
燃料 重油、原油
営業運転開始日 1980年7月
公式サイト:東北電力 概要
テンプレートを表示

秋田火力発電所(あきたかりょくはつでんしょ)は秋田県秋田市飯島字古道下川端217-6にある東北電力石油火力発電所

概要[編集]

男鹿半島を望む海岸沿いに位置する石油火力発電所である。1970年8月に1号機が運転を開始、4号機までが建設された。秋田県内をはじめ東北地域に電力を供給している。所有する4カ所の地熱発電所の遠方監視業務も行っている。

1号機は設備の老朽化や稼働率の低下などにより2003年12月に廃止された。2〜4号機も設置から40年前後が経過し老朽化していることから、2019年9月1日に3号機を廃止しており、2020年3月には2号機を稼働見通しがない「長期計画停止」にする予定である[1]。残る4号機も時期未定ながら廃止し、将来的に秋田火力発電所そのものを廃止する方向で検討されている[2][3]

発電設備[編集]

  • 総出力:95万kW(2019年9月1日時点)[4]
  • 総面積:約50万9千m2
2号機
定格出力:35万kW
使用燃料:重油原油
営業運転開始:1972年(昭和47年)2月
4号機
定格出力:60万kW
使用燃料:重油、原油
営業運転開始:1980年(昭和55年)7月

廃止された発電設備[編集]

1号機(廃止)
定格出力:35万kW
使用燃料:重油、原油
営業運転期間:1970年(昭和45年)8月 - 2003年(平成15年)12月27日[5]
3号機(廃止)
定格出力:35万kW
使用燃料:重油、原油
営業運転期間:1974年(昭和49年)11月 - 2019年(令和元年)9月1日[1]

緊急設置電源[編集]

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震と津波により複数の発電施設が被災し、電力供給力が大幅に低下したため、緊急設置電源が新設された[6]

設置初年度である2012年度には2億4900万kWhを発電したが、2017年度は300万kWh、2018年度は8月に2日間稼働しただけで100万kWhにまで減少した[7]。このため東北電力は2018年度(平成30年度)の供給計画で、今後の需要の見通しや、建設中の能代火力発電所3号機・上越火力発電所1号機の開発計画などを踏まえ、秋田火力発電所5号機および東新潟火力発電所5号機・新潟火力発電所4号機の廃止を発表[8]。秋田5号機は当初2018年9月に廃止する予定だったが、需給の厳しい冬場を過ぎるまで延期し、2019年3月15日に廃止された[9]。廃止後、ガスタービンは東新潟4-1号機(設置から約20年経過)に転用・再利用される[9]

5号機(緊急設置電源)(廃止)
発電方式:ガスタービン発電方式[10]
定格出力:33.3万kW
使用燃料:軽油
熱効率:約36%(低位発熱量基準)
着工:2011年7月15日
発電開始(試運転):2012年6月9日[11]
営業運転期間:2012年6月22日[12] - 2019年3月15日[9]

東北地方太平洋沖地震による被害[編集]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、3基すべてが自動停止した[13]4月7日に発生した余震では、2号機は停止中で3、4号機が自動停止した[14]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]