上越火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
上越火力発電所
上越火力発電所の位置(新潟県内)
上越火力発電所
新潟県における上越火力発電所の位置
正式名称 中部電力株式会社上越火力発電所
東北電力株式会社上越火力発電所
日本の旗 日本
所在地 新潟県上越市八千浦2
座標 北緯37度12分18.3秒 東経138度16分36.9秒 / 北緯37.205083度 東経138.276917度 / 37.205083; 138.276917 (上越火力発電所)座標: 北緯37度12分18.3秒 東経138度16分36.9秒 / 北緯37.205083度 東経138.276917度 / 37.205083; 138.276917 (上越火力発電所)
現況 中部電力:運転中
東北電力:計画中
運転開始 1-1号:2012年7月1日
1-2号:2013年1月9日
2-1号:2013年7月3日
2-2号:2014年5月15日
事業主体 中部電力東北電力
発電所
主要動力源 LNG
発電機数 12基(3基x4ユニット)
熱効率 58%(LHV)
コンバインド
サイクル発電
ACC方式採用
発電量
定格出力 中部電力計:238万kW
  1号系列:119万kW
  2号系列:119万kW
ウェブサイト
上越火力発電所 中部電力
2014年5月15日現在
テンプレートを表示
空から見る上越火力発電所

上越火力発電所(じょうえつかりょくはつでんしょ)は新潟県上越市八千浦2にある中部電力および東北電力天然ガス火力発電所

概要[編集]

直江津港隣接の埋立地にある火力発電所で、当初は中部電力東北電力の共同出資による上越共同火力が運営を行う予定であったが、電力需要の伸び悩みなどから1、2号系列を中部電力が、3号系列(現・東北電力1号系列)を東北電力が直接運営する計画に変更となったほか、着工時期や営業運転開始時期も変更された[1][2]。出力についても見直され、中部電力1、2号系列は各126.5万kWを予定していたが、各119万kWに引き下げられた。一方、東北電力1号系列は2014年3月27日発表で36万kW4基(計144万kW)から60万kW級1基へ大きく引き下げられた[3]

中部電力1、2号系列の発電設備には、ガスタービン2台と蒸気タービン1台にそれぞれ発電機が連結する排熱回収多軸型1,300℃級コンバインドサイクル発電方式を採用し、国内最高水準の熱効率58%以上である。排熱回収ボイラには日本初となる貫流型が採用されている。

2012年7月1日に中部電力1-1号が運転を開始し[4]2014年5月15日にすべての設備で運転を開始した[5]

発電設備[編集]

中部電力所有[編集]

  • 総出力:238万kW(2016年4月1日現在)[6][7]
  • 敷地面積:約46万m2
1号系列
発電方式:多軸型1,300℃級改良型コンバインドサイクル発電(Advanced Combined Cycle)方式
定格出力:119万kW
 1-1号:59.5万kW
  ガスタービン:19万4,150kW × 2軸
  蒸気タービン:20万6,700kW × 1軸
 1-2号:59.5万kW
  ガスタービン:19万4,150kW × 2軸
  蒸気タービン:20万6,700kW × 1軸
使用燃料:LNG
熱効率:58%(低位発熱量基準)
営業運転開始
 1-1号:2012年7月1日
 1-2号:2013年1月9日
2号系列
発電方式:多軸型1,300℃級改良型コンバインドサイクル発電(ACC)方式
定格出力:119万kW
 2-1号:59.5万kW
  ガスタービン:19万4,150kW × 2軸
  蒸気タービン:20万6,700kW × 1軸
 2-2号:59.5万kW
  ガスタービン:19万4,150kW × 2軸
  蒸気タービン:20万6,700kW × 1軸
使用燃料:LNG
熱効率:58%(低位発熱量基準)
営業運転開始:
 2-1号:2013年7月3日
 2-2号:2014年5月15日

東北電力所有[編集]

  • 総出力:60万kW級予定
1号機(計画中)[8]
発電方式:コンバインドサイクル発電方式
定格出力:60万kW級
使用燃料:LNG
着工:2019年度予定
営業運転開始:2023年度予定

蒸気タービン不具合による対策[編集]

2013年4月9日、中部電力1-1号において蒸気タービンの軸受部に振動上昇が確認されたため発電を停止[9]、中部電力では応急対策として、折損が認められた低圧蒸気タービンの羽根(第29段動静翼)を取り外し、各号機に圧力プレートを設置して運転することとした[10]。1-2号は5月24日[11]、1-1号は5月30日[12]に運転を再開した。なお、圧力プレートの設置により、各号機の定格出力は、暫定的に57万5,680kWとなった。

2015年10月16日には恒久対策として、自励振動が発生しない新たな低圧蒸気タービンへ取り替える工事を1-2号機で開始。これにより出力は本来の定格出力59.5万kWとなった。他の号機も順次恒久対策を実施、2016年6月23日に全号機で対策工事が完了した[13]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]