石摺絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石摺絵(いしずりえ)は、浮世絵版画の一形態である。

概要[編集]

拓本のように、背景を墨地に、線を白抜きにして表現した版画。拓本を「石摺」とも呼ぶことに由来する[1]墨摺絵の白黒が反転した図になる。篆刻での「白文」にあたる。

紅摺絵と同時期の、延享年間(1744-48年)に創始されたと考えられる[2][1]。創始者は奥村政信[3]もしくは西村重長とされる[4]

錦絵が登場した後(1765年(明和2年)以降)でも、葛飾北斎歌川広重[5][1]の作例がある。

浮世絵師ではないが、伊藤若冲による、淀川下りの情景を図した「乗興舟(じょうきょうしゅう)」(1767年(寛文7年)、一巻)は、「石摺絵」に見えるが、版木に湿した紙をあて、その上から墨を付けたタンポで叩く、拓本同様の制作法が取られており、「拓版画」と呼ばれる[6]

図版[編集]

伊藤若冲「乗興舟」巻首、1767年、メトロポリタン美術館蔵。

出典[編集]

  1. ^ a b c 武藤 2008, p. 21.
  2. ^ 菊池ほか 1982, p. 16.
  3. ^ 藤澤 1996, p. 129.
  4. ^ 松岡 2016, pp. 274、276.
  5. ^ 藤澤 1994, pp. 141、144.
  6. ^ 村田 2019, p. 261.

参考文献[編集]

  • 菊池貞夫、ほか「石摺絵」『原色浮世絵大百科事典3 様式・彫摺・版元』大修館書店、1982年4月15日、16頁。
  • 藤澤紫「浮世絵版画における摺りの変遷とその顔料」『浮世絵の鑑賞基礎知識』小林忠大久保純一編、至文堂、1994年5月20日、141-145頁。ISBN 978-4-7843-0150-8
  • 藤澤紫「面を持つ遊女と禿・簾の下で酒を飲む二人の遊女」『錦絵の誕生-江戸庶民文化の開花』東京都江戸東京博物館日本経済新聞社編、1996年2月20日、129頁。
  • 武藤純子「石摺絵」『浮世絵大事典』国際浮世絵学会編、東京堂出版、2008年6月30日、21頁。ISBN 978-4-4901-0720-3
  • 松岡まり江「初期浮世絵展 絵師解説」『初期浮世絵展-版の力・筆の力』田辺昌子編、千葉市美術館、2016年1月9日、274-277頁。
  • 村田隆志「乗興舟」『奇想の系譜展-江戸絵画ミラクルワールド』浅野研究所ほか編、日本経済新聞社ほか、2019年2月9日、261頁。ISBN 978-4-907243-08-1

関連項目[編集]