あぶな絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あぶな絵(あぶなえ)とは江戸時代に描かれた浮世絵版画の様式のひとつ。

概要[編集]

あぶな絵とは「あや、あぶなや」の絵ということとといわれ、美人を描いた一枚絵のうち、肌の一部あるいは大部分を好色的な姿態であらわにしている絵を指す。浮世絵版画の発生当初は男女合歓の絵が店頭で堂々と販売されており、意識的なあぶな絵というのは存在しなかったといわれる。『嬉遊笑覧』において明和安永のころに女絵で肌をあらわにしたものを「あぶな」といったものがあるが、その流行そのものはこれよりやや早く、宝暦期に一つのピークを迎えている。なお、徳川吉宗の時代、享保7年(1722年)に春画が禁止されたことが、あぶな絵の発生の背景にあるとする見方もあったが、宝暦と享保ではやや時差がありすぎである。すでに貞享3年(1686年)刊行の浮世草子『好色訓蒙図彙』において、「ちらと見る目も人の心を動かすあいきょうありて、立居にまへもほうつかせ、気をもたせ」という図を「あぶな」と称していることから、こうしたちらりとした露出の美に対して色情を感じる心情ははやくから醸成されていたとみられる。実際にあぶな絵として描かれた場面としては、入浴や行水姿、湯上りのしどけない浴衣姿、突風や子供、などの悪戯によって着物の裾が乱れて内股の近くまで肌が覗いているような絵、髪洗、襟洗、足の爪切りなどで上半身や脛などがあらわになっている絵が多くみられる。

初期あぶな絵では女性一人という場面が多く、あぶな絵が描かれ始めた紅摺絵の時代では鳥居清満鳥居清広石川豊信奥村政信が、錦絵の時代となってからは鈴木春信礒田湖龍斎鳥居清長らが多くのあぶな絵を描いている。しかし、文化年間の後期以降となると、浮世絵美人画の全体の傾向として化粧や身繕い中のしどけない姿を描いた作品が増えており、歌川豊国歌川国貞歌川国芳渓斎英泉らによる美人画のように、あぶな絵的な要素が見出される浮世絵作品は枚挙にいとまがない。ただし、町湯の入浴図を描いた月岡芳年落合芳幾などの作品ともなれば、あぶな絵がかった風俗画的なものとなっている。

作品[編集]

  • 鳥居清満 「風呂」 紅摺絵 東京国立博物館所蔵
  • 奥村政信 「湯上がり美人と鶏」 東京国立博物館所蔵
  • 渓斎英泉 「大磯駅」 大判

参考文献[編集]