死絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

死絵(しにえ)は、歌舞伎役者、文学者などで有名な者が死去したとき、その冥福を祈るために版行された似顔絵の浮世絵である。生前の業績、辞世、法号、命日、墓所、追善の歌句などが記された肖像画である。芝居錦絵のひとつであると言える。現存するものでは寛政11年5月13日22歳で死去した6世市川團十郎のもの、8月28日26歳で死去した4世中村傳九郎のそれが最古のものであろうという。

おおむねこの頃から行われたらしく、明治34年市川左団次の死去した頃まで盛んに行われ、絵草紙屋の店頭に並べられた。大坂で自殺した8世市川団十郎の死絵は200余種、多種多様な死絵が出たという。死者は浅葱(水色)の着物姿か、色が華やかでも死を暗示した表現となっていた。初期は細絵や間錦などもあるが、多くは大錦で、しかも一枚物が普通であった。シキミや数珠を持った絵姿、舞台上での当たり役を描き、戒名、行年などを書き添えたもの、辞世の歌句、追善のことばをいれたものなどが一般的であった。歌川豊春歌川豊国、3代目歌川豊国、歌川国芳歌川広重月岡芳年浮世絵師の死絵はほとんどその門弟が描いており、ほかに戯作者のものもあり、何れも一枚絵で資料的な価値も高い。

文政以後から明治初めまでおびただしい数が出版され、構図も変化していったが、なかには漫画風にしたり、蓮台座という芝居というふうにいささかふざけた図柄もあった。販売上の競争も当然あり、少しでも早く版行しようと、戒名、死去月日、行年などをよく調べず、いいかげんなものさえある。いわば乱作期の死絵には、画家の記名がないのが普通である。舞台の夫婦役者であいついで死去した役者の場合、これをあわせて1つに描くこともなされた。これは文化9年の4世沢村宗十郎と4世瀬川路考とが最初であろうという。女形は女性姿に描かれたから、4世尾上菊五郎夫妻の死絵はどちらが夫かわかりにくい。ただし俳優の夫妻を描いたものは舞台上の夫婦役とはちがってほかにはほとんどない。その後、絵葉書、ブロマイドが流行し、芝居錦絵はすたれた。

作品[編集]

  • 「五代目瀬川菊之丞」 大判 錦絵 歌川国芳画
  • 「歌川国芳」 大判 錦絵 歌川芳富