ポンチ絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポンチ絵(ポンチえ)とは日本明治時代に描かれた浮世絵の一種で、滑稽、諷刺的な絵を指した。後の漫画の原点といえる。

概要[編集]

文明開化期に日常使用されるようになった「ポンチ」という言葉は、1862年横浜イギリス人チャールズ・ワーグマンによって創刊された漫画雑誌『ジャパン・パンチ』に由来する。この『ジャパン・パンチ』は1887年(明治20年)まで25年間にわたって木版刷りで刊行が続いており、幕末刊行号の幾つかに「パンチ」が訛ったカタカナ表記の「ポンチ」という言葉がみられる。ただし、1884年(明治17年)からは石版刷りとなった。毎号、在日外国人似顔絵を多用して諷刺して、情報誌としても役立つため居留地在住の外国人に人気を博し、仮名垣魯文日本人も関心を持ってみていた。

1874年(明治7年)、魯文と河鍋暁斎は『ジャパン・パンチ』に似せた『絵新聞日本地(えしんぶんにっポンチ)』と題した漫画を売り物とした定期刊行物を出版したころには、大多数の日本人がポンチの意味を知っていたに違いなく、1881年(明治14年)に小林清親戯画錦絵の『清親ポンチ』シリーズを版行したころにはポンチというのは日常語となっていたといわれる。また、1882年(明治15年)8月から清親が本多錦吉郎の後を継いで常連の投稿家として『團團珍聞』に風刺画を投稿し始めた。明治の前半期にはポンチは時局風刺画あるいは世相漫画の意味を有しており、それらは『ジャパン・パンチ』の作品を見て影響を受けたものが多数であった。暁斎、清親は『ジャパン・パンチ』を熱心に研究したことが知られ、ポンチの用語は、人民が主導で新国家体制を創ろうとしていた自由民権期に輝いた用語であった。しかし、1889年(明治22年)に大日本帝国憲法が発布されたことにより自由民権運動は終息を迎え、その後のポンチは次第に諷刺のエネルギーを喪失してゆく。清親はコマ漫画やふき出し入りの漫画を試みたりしたが、諷刺の鋭い漫画は少なく、1891年(明治24年)に創刊された『新滑稽』(新滑稽社刊)では清親は門人の田口米作を漫画担当として売り出し、『團團珍聞』の中心的漫画担当者として明治27年から明治35年まで米作を自らの後継者として育て始めた。

明治20年代末から30年代にかけて、子供だましの絵と化したポンチは今泉一瓢北沢楽天により「漫画」という新しい言葉に代わられていった。

概略図[編集]

デジタル大辞泉(小学館)には、次のように定義されている。

概略図。構想図。製図の下書きとして作成するものや、イラストや図を使って概要をまとめた企画書などのこと。

—デジタル大辞典(小学館より)

一般的には、会議中にマーカー等を用いてホワイトボードに書く説明用の図であったり、プレゼンテーション用ソフトであるPowerPointまたはKeynoteで作製された会議資料中に書かれている図を指す。「霞ヶ関のポンチ絵」「官僚のポンチ絵」「役所のポンチ絵」のように表現される、官僚用語の一つ。

参考文献[編集]

  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 雄山閣、1987年
  • 山梨絵美子編 『日本の美術368 清親と明治の浮世絵』 至文堂、1997年
  • 荒田洋治『日本の科学行政を問う: 官僚と総合科学技術会議』 薬事日報社、2010年