浮絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「浮絵忠臣蔵 四段目」 『仮名手本忠臣蔵』四段目、判官切腹の場面。室内の様子は見られるように一点透視法を強調して描いている。歌川国直画。

浮絵(うきえ)とは、江戸時代に描かれた浮世絵の様式のひとつ。西欧の透視画法(遠近法)を用いて、屋内の様子などを遠近感を強調して描いたもの。近景がまるで浮き出て、奥行きが深まって見えるのでそのように名付けられた。またの名を「くぼみ絵」、「遠視画」ともいう。劇場内部や室内の様子を描いた作品が多くみられる。ただし西洋画の遠近法に直接学んだというよりもむしろ、その影響を受けた中国版画の流入により生み出されたとされる。さらにこの浮絵が、後にレンズを通して見る眼鏡絵につながっていく。

浮絵は奥村政信が初めて描いたと見られ、記録によると享保1716年-1736年)の頃の作品が最も古いとされており、初期には西村重長などの作品が残っている。肉筆浮世絵による浮絵もある。さらにその後、明和から天明1764年-1789年)にかけては歌川豊春による作品が多く、その後葛飾北斎やその弟子の柳々居辰斎昇亭北寿ら多数の浮世絵師が浮絵を描いている。しかし天保1830年-1844年)以降はあまり描かれなくなり、通常の風景画が描かれるようになっていった。

参考文献[編集]

  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 雄山閣、1987年
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年