田舎暮らし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本、鎮守の森のある風景
フランスシャラント県のモンモレリアンの丘陵地

田舎暮らし(いなかぐらし)とは、田舎で生活すること。主に都会で生活していた者が、地方の自然豊かな地域に憧れ、移住するケースを指すことが多い。

概要[編集]

1980年頃に雑誌『ダイヤモンドボックス』が火付け役となり、田舎の家屋や土地などの都会に比較し廉価な不動産を「田舎を売る」と称する企画が人気を呼んだ。

当時の田舎暮らしの主役は団塊の世代であり、都会の雑然とした生活から逃れ、体力があるうちに自然の中で自立して生きたいという考えの元に脱サラペンションを開業したり新規就農する者などが少なからずあった。全共闘世代であるがゆえのヒッピー精神や反骨精神が背景にあったと考えられる。これがいわば、第1次田舎暮らしブームである。

2000年以降になると団塊の世代が定年退職を迎える時期と重なり、再びその世代の田舎暮らしへの関心が高まるが、第1時ブームの頃とは異なるのが、一過性のブームではなく、幅広い年齢層に渡って、より広範な社会情勢を反映した確かな潮流となりつつあることである。同時に地方の過疎化、限界集落問題などもからみ、地方自治体などが地域の活性化のために、優遇策を行い都会生活者の誘致を繰り広げているが、これらはいまだ多くの成果を挙げるにいたってはいない。しかし、人気のある移住地など、たとえば沖縄県石垣島などでは地価が高騰し、建設ラッシュが続いているとされる[1]

かつては、田舎物件を扱う不動産業者が少なかったが、近年、田舎物件専門の不動産業者がインターネットなどを通じて多数紹介するようになったり、あるいは地方自治体が後押しする風潮が高まったこともあり、以前よりも田舎暮らしのための準備は容易になっている。

ふるさと暮らし希望地域ランキング[編集]

NPO法人「ふるさと回帰支援センター」では東京都の「ふるさと暮らし情報センター」にて移住相談者やセミナー参加者などの施設利用者を対象に行ったアンケートを基に毎年「田舎暮らし希望地域ランキング」を公開している。2014年の結果では、1位が山梨県、2位が長野県、3位が岡山県だった。上位3県は2013年も同じだった。上位3県のうち山梨県・長野県は東京都に近く、また3県とも移住セミナーを定期的に行っているなど情報提供に力を入れていることなどが理由と考えられている[2][3]

以上は2014年度調査結果。

田舎暮らしの問題点[編集]

『田舎暮らしの本』387号(宝島社)は、田舎暮らしには以下の問題点があるとしている[4]

  • 仕事が少ない。
  • 鉄道、バスなどの公共交通機関が少ない。このため自動車が必須アイテムである。逆に自動車さえあれば、都会よりもむしろ便利な場合もある。
  • 病院、商店など生活に必要な施設が少ないか、遠い場合がある。
  • 近所付き合いが濃厚で複雑なため、プライバシーの干渉が激しい。
  • 地域によっては部外者の受け入れに消極的な場合がある。

主題とした主な作品[編集]

雑誌
  • 『田舎暮らしの本』(宝島社
  • 『田舎おもしろ体験の旅』(時事通信社)
テレビ番組

脚注[編集]

  1. ^ 玉村豊男『田舎暮らしができる人、できない人』(集英社新書)2007年4月22日
  2. ^ 朝日新聞2015年2月11日朝刊
  3. ^ 2014年田舎暮らし希望地域ランキング公開 (PDF) - ふるさと回帰支援センター、2015年2月10日
  4. ^ 『田舎暮らしの本』387号(宝島社

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]