生活圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

生活圏(せいかつけん)は、人が社会的存在として行動する範囲・地域を指し、日常生活とその延長(遠出しない余暇や娯楽など)を営む空間である[1]。重要な要素として、他人との係わりが含まれる。

ドイツ語のLebensraum、あるいはLebenskreis、Lebenssphaereなどの訳語で、地政学における国家の生存圏と同じ語だが、日本語としては行政用語で多用されている(例:広域生活圏、防災生活圏、高齢者の生活圏、地方生活圏)

本家ドイツでは、家庭での夫婦の距離感にも用いられるという。[要出典]

生態学では、人類を含む生物が活動できる空間、の意味で使用する場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『生活圏』 - コトバンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]