田中純 (思想史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 純(たなか じゅん、1960年2月27日 - )は、日本の思想史学者、東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は思想史、表象文化論。

経歴[編集]

宮城県仙台市生まれ。1985年東京大学教養学部教養学科ドイツ分科卒業、国際交流基金勤務。

1988年東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程入学、1991年同博士課程入学。1992 - 93年、ドイツ学術交流会奨学生としてドイツケルン大学に留学。

1993年東京大学教養学部助手、1994年専任講師、1995年助教授・准教授を経て、2007年総合文化研究科准教授、2009年から教授。2001年『ミース・ファン・デル・ローエの戦場』で東京大学より博士(学術)の学位取得、2002年アビ・ヴァールブルク記憶の迷宮』でサントリー学芸賞受賞。

2008年『都市の詩学』で芸術選奨新人賞受賞。2009年『政治の美学』で毎日出版文化賞受賞。2010年ドイツ政府よりフィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞を授与される。

妻の父は林道義で2世帯住宅で同居している。2009年度には読売新聞で書評委員をした。教え子に平倉圭がいる。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『残像のなかの建築——モダニズムの<終わり>に』(未來社、1995年、新版2007年)
  • 『都市表象分析Ⅰ』(INAX出版、2000年)
  • ミース・ファン・デル・ローエの戦場——その時代と建築をめぐって』(彰国社、2000年)
  • アビ・ヴァールブルク——記憶の迷宮』(青土社、2001年、新版2011年)
  • 『死者たちの都市へ』(青土社、2004年)
  • 『都市の詩学——場所の記憶と徴候』(東京大学出版会、2007年)
  • 『政治の美学——権力と表象』(東京大学出版会、2008年)
  • 『イメージの自然史——天使から貝殻まで』(羽鳥書店、2010年)
  • 『建築のエロティシズム——世紀転換期ウィーンにおける装飾の運命』(平凡社新書、2011年)
  • 『冥府の建築家——ジルベール・クラヴェル伝』(みすず書房、2012年)
  • 『過去に触れる——歴史経験・写真・サスペンス』(羽鳥書店、2016年)
  • 『歴史の地震計―アビ・ヴァールブルク『ムネモシュネ・アトラス』論』(東京大学出版会、2017年)

編著・共著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 駒場2001 東京大学教養学部 

外部リンク[編集]