玉井区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台南市 玉井区
別称: 大武壟・噍吧哖
地理
Yujing TN.svg
位置 北緯23°07'
東経120°27'
面積: 76.3662 km²
各種表記
繁体字: 玉井區
日本語読み: ぎょくせい
漢語: Yùjĭng
通用: Yùjĭng
注音符号: ㄩˋ ㄐㄧㄥˇ
片仮名転写: ユージン
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 台南市
下位行政区画: 10里175鄰
政府所在地: -
玉井区長: 李佳隆
公式サイト: 玉井区公所
情報
総人口: 14,807 人(2014年1月)
戸数: 5,136 戸(2014年1月)
郵便番号: 714
市外局番: 06
玉井区の木: -
玉井区の花: -
玉井区の鳥: -

玉井区(きょくせい/たまい[1]-きょう)は台湾台南市に位置する市轄区マンゴの産地として有名である。

地理[編集]

玉井区は台南市東部に位置し、西は大内区山上区と、東は楠西区と、南は左鎮区南化区とそれぞれ接している。阿里山山脈の南端に位置し山岳地帯が広がっているが、台3線と台20線が交差しており、交通の要衝となっている。

歴史[編集]

玉井区の旧名は大武壟であり、古くはツォウ族タパニー(噍吧哖は当て字)社などの居住地であった。鄭成功時代、大目降(現在の新化鎮)一帯に居住していた西拉雅族が漢人の進出の影響によりこの地に移住している。清代の雍正年間、漢人は玉井地区にも入植するようになり集落が形成された。1915年余清芳等が起こした西来庵事件(噍吧哖事件とも)が発生し、台湾で最大規模の武装抗日事件が発生している。1920年の台湾地方改制の際、噍吧哖と音の近い日本語の玉井と改称され[2]台南州新化郡の管轄となった。戦後は台南県玉井郷と改編、2010年12月25日の台南県の台南市編入に伴い玉井区と改称され現在に至る。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代区長[編集]

氏名 退任日

教育[編集]

高級職校[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]

特殊学校[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台3線
省道 台20線 南部横貫公路
省道 台84線 東西向快速道路 北門玉井線

観光[編集]

  • 余清芳紀念碑
  • 梅嶺
  • 玉井北極殿
  • 芒果産業文化資訊館
  • 文心蘭園

出典[編集]

  1. ^ 「州、廳ノ位置、管轄區域及郡市ノ名稱、位置、管轄區域」大正九年八月十日、臺灣總督府令第四十七號
  2. ^ 水越幸一 「市郡の區域稱呼其所在地並街庄の稱呼等に就て」『臺灣時報』第十六號、大正九年、一四一頁。

外部リンク[編集]