大内区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華民国 台南市 大内区
別称: 内庄
TAEA Planetarium.JPG
地理
Danei TN.svg
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 70.3125 km²
各種表記
繁体字: 大內
日本語読み: だいない
漢語: Dànèi
通用: Dànèi
注音符号: ㄉㄚˋ ㄋㄟˋ
片仮名転写: ダーネイ
台湾語: Toā-lāi
客家語: Thai-nui
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 台南市
下位行政区画: 10里145鄰
政府所在地: -
大内区長: 李賢村
公式サイト: 大内区公所
情報
総人口: 10,241 人(2015年1月)
世帯数: 3,968 戸(2015年1月)
郵便番号: 742
市外局番: 06
南瀛天文教育園区の望遠鏡ドーム

大内区(だいない/おおうち[1]-く)は台湾台南市に位置する市轄区

地理[編集]

大内区は台南市中央部に位置し、北は官田区、六甲区と、東は玉井区、楠西区と、西は善化区と、南は山上区とそれぞれ接している。嘉南平原と中央山脈の境界に位置し、全面積の70%が低海抜の山岳地帯となっている。

歴史[編集]

大内区は古来平埔族大武壠社(Tevorangh)の活動地域であった。16世紀中期には西拉雅族目加溜湾社(Backoloan)の支社は曽文渓沿いにこの地に進出している。

清代康熙年間、福建省漳州の楊氏兄弟がこの地に入植した。山地の内側に位置したことから「内庄」と言われるようになったとも、楊氏兄弟の兄の名が楊内であったことから「内庄」と称されるようになったとも伝えられている。日本統治時代の1920年、日本風に「大内庄」と改称され台南州曽文郡の管轄となった。戦後は台南県大内郷と改編、2010年12月25日の台南県の台南市編入に伴い「大内区」と改編されて現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

環湖里、頭社里、曲渓里、二渓里、石湖里、石城里、石林里、内郭里、内江里、大内里

歴代区長[編集]

氏名 退任日

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台84線 東西向快速道路 北門玉井

観光[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「州、廳ノ位置、管轄區域及郡市ノ名稱、位置、管轄區域」大正九年八月十日、臺灣總督府令第四十七號

関連項目[編集]