「39 刑法第三十九条」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
読み仮名、多すぎる内部リンク解消、カテゴリ追加
(読み仮名、多すぎる内部リンク解消、カテゴリ追加)
| imdb_id = 0188750
}}
『'''39 刑法第三十九条'''』( -さんじゅうきゅう けいほうだいさんじゅうきゅうじょう)は[[1999年]]に製作された[[日本映画]]。[[1999年]][[5月1日]]公開。
 
==概要==
特に心神喪失と認定されると[[不起訴]]になるか、[[起訴]]されても[[無罪]]となるということに関しては、社会的に抵抗感を抱く向きもあり、本作もこの点に対し問題提起している。
 
「[[銀残し]]」による陰鬱な色彩や不安感を煽る構図、ベテラン[[俳優]]陣の抑制の効いたリアルな[[演技]]など、[[個性]]の強い[[演出]]が際立つ。
 
第49回[[ベルリン国際映画祭]][[コンペ]]部門正式出品作品。
 
==ストーリー==
[[]][[妊娠]]中の[[]][[刃物]]で惨殺されるという猟奇的な[[殺人]]事件が発生した。[[警察]]は現場に落ちていた[[舞台]][[チケット]]から犯人を[[劇団]]員の'''柴田真樹'''と断定、[[劇場]]で一人芝居を公演中であった柴田を[[逮捕]]した。
 
柴田の[[国選弁護人]]に任命された[[弁護士]]の長村時雨は、おとなしかった柴田の表情が、突然人が変わったように凶悪に変貌するのを目撃する。[[法廷]]でも突然意味不明の言葉を発する柴田に、長村は司法[[精神鑑定]]を請求した。
 
精神鑑定人に選任されたのは[[精神科]][[教授]]'''藤代実行'''。藤代は教え子の'''小川香深'''[[助手]]を依頼する。藤代は精神鑑定の結果、柴田は[[解離性同一性障害]]([[多重人格]])で、犯行時は解離状態であり[[心神喪失]]状態にあったと鑑定する。
 
しかし香深は藤代とは別の仮説を立てる。香深は[[検察官]]の草間に直訴し、柴田の再鑑定の鑑定人となるのだった…。
*畑田恵:[[春木みさよ]]
*館林刑事:[[菅原大吉]]
*少年  工藤啓輔:大地奏仁
*少年  畑田修:南イサム
*少女  実可子:[[浅井美歌]]
*啓輔の妹  温子:[[吉谷彩子]]
*啓輔の母  美幸:[[川村一代]]
*少年  柴田真樹:吉田勇己
*岩城先生:[[佐藤恒治]]
*精神病院の看護婦:[[小林トシ江]]
*犬山の弁護士:[[磯部弘]]
*劇団員  野上頼子:[[土屋久美子]]
*裁判長:田村忠雄
*漁村の村松:[[井上博一]]
*DVDが[[2002年]][[8月25日]]に[[バンダイビジュアル]]より発売されている。
 
{{DEFAULTSORT:さんしゅうきゅう  けいほうたいさんしゅうきゅうしょう}}
{{森田芳光監督作品}}
{{movie-stub}}
[[Category:森田芳光の監督映画]]
[[Category:松竹]]
[[Category:裁判を題材とした映画]]
 
[[en:Keiho]]
18,386

回編集

案内メニュー