熊野古道〜お伊勢さんからもうひとつの聖地へ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三重テレビ放送開局45周年記念特別番組 「紀伊山地の霊場と参詣道」 世界遺産登録10周年特別企画
「熊野古道〜お伊勢さんからもうひとつの聖地へ〜」
ジャンル ドキュメントバラエティ番組
放送時間 (55分)
放送期間 2014年3月 - 2014年12月(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 三重テレビ放送
監修 梅原猛
プロデューサー 山田享司
小川秀幸
出演者 檀ふみ
ジョン・ギャスライト
米倉斉加年
古澤巌
東儀秀樹
夢輝のあ
林英哲
杵屋勝四郎
4代目市川猿之助
黛まどか
浅葉克己
松平健
ナレーター 萩本欽一
堀江ゆかり
外部リンク 三重テレビ開局45周年記念番組「熊野古道」
テンプレートを表示

熊野古道〜お伊勢さんからもうひとつの聖地へ〜』(くまのこどう〜おいせさんからもうひとつのせいちへ〜)は、2014年(平成26年)3月から三重テレビが制作し独立局を中心に放送されるドキュメントバラエティ番組である。

概要[編集]

2013年(平成25年)に、伊勢神宮で20年に一度の大祭「神宮式年遷宮」の特別企画として『お伊勢さん』が放送された[1]。同番組の成功を受け、新シリーズとして制作されたのが『熊野古道』である[2]。三重テレビの開局45周年記念の特別番組でもあり、制作発表会見は出演者である夢輝のあらの出席のもと、東京日本橋の三重テラスで行われた[3]

世界遺産登録10周年を迎えた熊野古道の歴史や人々の営み、神話伝説、聖地の魅力を紹介する[3][4]伊勢神宮から出発し、伊勢路を経て紀伊山地へ入り、熊野速玉大社熊野那智大社熊野本宮大社ハイビジョン映像で迫る[2]

制作局である三重テレビでは、毎月第3金曜日の20:00 - 20:55(JST)に本放送、翌月第2金曜日の同時間帯に再放送を行う[4]。熊野古道が通り、番組でも取り上げられる和歌山県での地上波放送は予定されていない[5]

各話リスト[編集]

タイトル
1 神宮 〜新たな20年の出発〜
2 神宮と参詣道 〜西へ東へ…人と文化のシルクロード〜
3 伊勢路を歩く 〜神宮から馬越峠へ 峠の古道を行く〜
4 神々が降り立った地・熊野 〜八鬼山峠から浜街道へ 祈りの路を歩く〜
5 熊野速玉大社 〜山・川・海に囲まれた神々の聖域〜
6 熊野那智大社 〜生死観の源流に迫る〜
7 熊野本宮大社 〜すべての古道が通じる蘇りの地〜
8 世界の巡礼道 〜コンポステーラと熊野古道〜
9 高野山空海の教え 〜日本人の心 和の精神を取り戻す〜
10 吉野・大峯の修験道 そして伊勢・熊野へ 〜自然を感じ己と向き合う〜

出演者[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時
三重県 三重テレビ放送(MTV)〈制作局 JAITS 第1回 2014年3月21日 20:00 - 20:55

第2回 2014年4月18日 20:00 - 20:55
第3回 2014年5月16日 20:00 - 20:55
第4回 2014年6月20日 20:00 - 20:56
第5回 2014年7月18日 20:00 - 20:55
第6回 2014年8月15日 20:00 - 20:55
第7回 2014年9月19日 20:00 - 20:55
第8回 2014年10月17日 20:00 - 20:55
第9回 2014年11月21日 20:00 - 20:55
第10回 2014年12月19日 20:00 - 20:55

栃木県 とちぎテレビ(GYT) 第1回 2014年4月19日 20:00-

第2回
第3回
第4回
第5回
第6回 2014年9月13日 20:00-
第7回 2014年10月25日 20:00-
第8回 2014年11月22日 19:00-
第9回 2014年12月27日 19:00-
第10回 2015年1月11日 20:00-

群馬県 群馬テレビ(GTV) 第1回 2014年4月26日 20:00-

第2回
第3回
第4回
第5回 2014年8月30日 20:00-
第6回 2014年9月27日 20:00-
第7回
第8回 2014年11月29日 20:00-
第9回 2014年12月27日 20:00-
第10回 2015年1月31日 22:00-

埼玉県 テレビ埼玉(TVS) 第1回 2014年3月29日 20:00-

第2回
第3回
第4回
第5回
第6回 2014年8月22日 20:00-
第7回 2014年9月26日 20:00-
第8回
第9回 2014年11月28日 20:00-
第10回 2014年12月26日 20:00-

千葉県 千葉テレビ放送(CTC) 第1回 2014年3月30日 20:00-

第2回
第3回
第4回
第5回
第6回 2014年8月24日 19:00-
第7回 2014年9月21日 19:00-
第8回
第9回 2014年11月23日 19:00-
第10回 2014年12月28日 14:00-

東京都 東京メトロポリタンテレビジョン(MX) 第1回 2014年4月5日 21:00-

第2回
第3回
第4回
第5回
第6回 2014年9月21日 21:00-
第7回 2014年10月4日 21:00-
第8回 2014年11月16日 20:00-
第9回 2014年12月6日 21:00-
第10回 2015年1月3日 21:00-

神奈川県 テレビ神奈川(TVK) 第1回 2014年4月2日 20:00-

第2回
第3回
第4回
第5回
第6回 2014年9月3日 20:00-
第7回 2014年10月1日 20:00-
第8回
第9回 2014年12月3日 20:00-
第10回 2015年1月7日 20:00-

岐阜県 岐阜放送(GBS) 第1回 2014年4月6日 18:00-

第2回
第3回
第4回
第5回
第6回 2014年9月7日 18:00-
第7回 2014年10月5日 18:00-
第8回
第9回 2014年12月7日 18:00-
第10回 2015年1月4日 18:00-

京都府 京都放送(KBS) 第1回 2014年4月24日 19:00-

第2回
第3回
第4回
第5回 2014年8月21日 19:00-
第6回 2014年9月25日 19:00-
第7回 2014年10月23日 19:00-
第8回 2014年11月20日 19:00-
第9回 2014年12月18日 19:00-
第10回 2015年1月22日 19:00-

兵庫県 サンテレビジョン(SUN) 第1回 2014年3月23日 13:00-

第2回
第3回
第4回
第5回
第6回 2014年8月24日 16:00-
第7回 2014年9月21日 13:00-
第8回
第9回 2014年11月22日 13:00-
第10回 2014年12月21日 13:00-

岡山県香川県 岡山放送(OHK) フジテレビ系列 第1回 2014年8月10日25:15-26:15

第2回 2014年9月18日25:15-26:15
第3回 2014年10月26日25:30-26:30
第4回 2014年11月30日25:30-26:30
第5回 2015年2月8日25:30-26:30
第6回 2015年3月8日25:30-26:30
第7回 2015年3月29日25:50-26:50
第8回 2015年4月5日25:20-26:20
第9回 2015年4月19日25:40-26:40
第10回 2015年4月19日25:40-26:40

熊本県 テレビ熊本(TKU) 第1回

第2回
第3回 2014年8月31日 26:05-
第4回
第5回
第6回 2014年11月30日 26:35-
第7回
第8回 2015年1月25日 26:40-
第9回 2015年2月22日 26:35-
第10回 2015年3月29日 26:55-

全国放送 BSフジ BS放送 第1回 2015年1月7日22:00-22:55

第2回 2015年1月14日22:00-22:55
第3回 2015年1月21日 22:00-22:55
第4回 2015年1月28日 22:00-22:55
第5回 2015年2月4日 22:00-22:55
第6回 2015年2月11日 22:00-22:55
第7回 2015年2月18日 22:00-22:55
第8回 2015年2月25日 22:00-22:55
第9回 2015年3月4日 22:00-22:55
第10回 2015年3月11日 22:00-22:55

日本BS放送(BS11) 第1回 2015年8月19日 19;00-19:58

第2回 2015年8月26日 19:00-19:58
第3回 2015年9月2日 19:00-19:58
第4回 2015年9月23日 19:00-19:58
第5回 2015年9月30日 19:00-19:58
第6回 2015年9月30日 19:00-18:58
第7回 2015年10月8日 19:00-19:58
第8回 2015年10月15日 19:00-19:58
第9回 2015年10月22日 19:00-19:58
第10回 2015年10月29日 19:00-19:58

スタッフ[編集]

  • 監修:梅原猛(哲学者)[2]
  • ナレーション:萩本欽一(みえの国観光大使)[2][4]堀江ゆかり(オープニングも含む)
  • 音楽:長岡成貢[2]
  • アドバイザー:植島啓司(宗教人類学者)
  • キャスティング:嗣音泰多
  • 平安衣装:大門坂茶屋
  • コーディネーター・通訳:問屋正勝
  • 撮影:前川和久、樋渡徹、藤川拓也、堤とおる、緒方利治、山徹治、大友栄二、岩室敏之、浅羽伸英
  • 音声:神余浩司、岩田春和、本庄昴人、岩佐賀永、清水孝浩、横江満
  • 編集:徳田裕恒、遠藤功二、松浦勇二
  • MA:青木信之
  • タイトルCG:高尾雅也
  • CGデザイン:飯田裕士、米本番
  • イラスト:まりか、宮前いずみ
  • スタイリスト:Sty勝見
  • ヘアメイク:うらたなおみ、晋一朗
  • 広報:松本幹影、長谷川さやか、波多美由紀
  • 制作協力:アクテリオンファーマシューティカルズジャパン、White、パソナグループ、元気な事務所、ブレス、東海ゼロ企画、be blue studio、三重テレビエンタープライズ放送映画製作所
  • アシスタント:木下絵奈、吉藤敏明、茂利栄美、清水美奈子、青木純也、鳥越良、宮崎真司
  • ディレクター:茂利泉、大川雄司、向賢、宮崎真司、光来出賢二、青木純也
  • 制作総括・ディレクター:品川大榮
  • プロデューサー:山田享司、小川秀幸
  • エグゼクティブプロデューサー:志田行弘
  • 制作著作:三重テレビ放送

脚注[編集]

  1. ^ 唐沢健治"三重テレビ制作番組「お伊勢さん」好評 10回シリーズ 全国各局で放送"2013年1月31日付朝日新聞朝刊、三重版25ページ
  2. ^ a b c d e 「三重テレビ放送開局45周年記念特別番組 「熊野古道」お伊勢さんからもうひとつの聖地へ 豪華ゲストで3月から放送”. 三重ふるさと新聞 (2014年1月16日). 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  3. ^ a b 熊野古道の特番制作 三重テレビ開局45周年記念”. 47NEWS. 中日新聞 (2014年1月29日). 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e 「熊野古道」特別企画番組 三重テレビ、あすから”. MSN産経ニュース. 産経新聞社 (2014年3月20日). 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  5. ^ 林清仁 (2014年3月26日). “三重テレビ制作の特別番組「熊野古道」3月から放送開始!!”. 『ほっと!和歌山県』〜和歌山県広報リレーブログ〜. 和歌山県庁. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  6. ^ 本学半田教授出演・三重テレビ「熊野古道」第1話 再放送・他局放送について”. 皇學館大学 (2014年3月21日). 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  7. ^ 熊野古道〜お伊勢さんからもうひとつの聖地へ〜/〜西へ東へ…人と文化のシルクロード〜”. エンタ魂. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  8. ^ 熊野古道〜お伊勢さんからもうひとつの聖地へ〜/神々が降り立った地・熊野 〜八鬼山峠から浜街道へ 祈りの路を歩く〜”. エンタ魂. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  9. ^ 熊野古道〜お伊勢さんからもうひとつの聖地へ〜/熊野速玉大社 〜山・川・海に囲まれた神々の聖域〜”. エンタ魂. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  10. ^ 熊野古道〜お伊勢さんからもうひとつの聖地へ〜/熊野本宮大社 〜すべての古道が通じる蘇りの地〜”. エンタ魂. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]

三重テレビ放送 特別企画枠
前番組 番組名 次番組
お伊勢さん
(2013年度)
熊野古道〜お伊勢さんからもうひとつの聖地へ〜
(2014年度)