溝口雄三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

溝口 雄三(みぞぐち ゆうぞう、1932年(昭和7年)7月30日 - 2010年(平成22年)7月13日 )は、日本中国学者・思想史家中国思想史研究者。専門は、初の思想史(宋明理学)・精神史近代化論)。文学博士九州大学・1981年)。東京大学大東文化大学中国社会科学院名誉教授[1]

略歴[編集]

1932年、愛知県名古屋市に生まれる。

1958年東京大学文学部中国文学科卒業。卒業後は、名古屋に帰って家業を一時的に継ぎ、その躍進ぶりが新聞に掲載されるほどの業績を残す[2][要文献特定詳細情報]。のち、名古屋大学大学院文学研究科中国文学専攻に入学、入矢義高の指導のもと、同大学院修士課程修了。

1967年からは、東京大学文学部中国文学研究室助手を務め、東大紛争の渦中で研究を進める[3]。のち、埼玉大学教養学部助教授、埼玉大学教養学部教授を経て、1978年からは一橋大学社会学部教授を務める。

1981年九州大学より文学博士学位を取得[4]。同年から、戸川芳郎の招きで東京大学文学部中国哲学研究室教授を務める。

1993年、東京大学を定年退官。大東文化大学文学部教授を務めたのち退職。

2010年、死去。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『儒教ルネッサンスを考える』 中嶋嶺雄共編, 大修館書店, 1991
  • 『アジアから考える』全7巻, 東京大学出版会, 1993-1994
  • 『中国という視座』(これからの世界史)伊東貴之・村田雄二郎共著, 平凡社, 1995
  • 『中国思想文化事典』 丸山松幸池田知久共編, 東京大学出版会, 2001
  • 『中国思想史』 池田知久・小島毅共著, 東京大学出版会、2007

翻訳・校注[編集]

入矢義高・島田虔次との鼎談を月報に収録[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『異と同のあいだ』著者略歴”. 岩波書店Webサイト. 2020年5月8日閲覧。
  2. ^ 伊東貴之. “『異と同のあいだ』編者からのメッセージ”. 岩波書店Webサイト. 2020年5月8日閲覧。
  3. ^ 子安宣邦. “二つとない交友であったー溝口回想”. 子安宣邦本人のブログ、『東方学』第130輯の掲載文と同内容. 2020年5月8日閲覧。
  4. ^ 1980年度 博士論文「中国前近代思想の屈折と展開」(九州大学付属図書館 九大コレクション
  5. ^ 狭間直樹 (2013). “中江兆民『民約訳解』の歴史的意義について”. 近代東アジアにおける翻訳概念の展開 京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター研究報告: p.14. http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~rcmcc/h1-hazama.pdf. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]