小島毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小島 毅(こじま つよし、1962年5月 - )は東京大学大学院人文社会系研究科教授。専攻は中国思想史。

群馬県多野郡新町(現・高崎市)生まれ。1981年麻布高等学校卒業。1985年東京大学文学部中国哲学専修卒業、1987年同大学院修士課程修了、同東洋文化研究所助手、1992年徳島大学講師、1994年助教授、1996年東大人文社会系研究科助教授、2007年准教授。2012年教授。

儒教史、陽明学、東アジア王権論などを研究する。

上杉謙信家臣、鬼小島弥太郎の子孫を自称している。

麻布中学・高校の同級生に、脚本家の戸田山雅司がいる。

著書[編集]

  • 『中国近世における礼の言説』東京大学出版会 1996
  • 『宋学の形成と展開』創文社 1999
  • 『東アジアの儒教と礼』山川出版社 2004 (世界史リブレット)
  • 『朱子学と陽明学』放送大学教育振興会 2004
  • 『中国の歴史7 中国思想と宗教の奔流 宋朝』講談社, 2005
  • 『義経の東アジア』勉誠出版 2005
  • 『近代日本の陽明学』 講談社選書メチエ 2006
  • 『海からみた歴史と伝統 遣唐使・倭寇・儒教』 勉誠出版 2006
  • 『靖国史観 幕末維新という深淵』ちくま新書 2007,ISBN 4480063579
  • 足利義満 消された日本国王』 光文社新書、2008
  • 『父が子に語る日本史』トランスビュー、2008,ISBN 9784901510660
  • 『父が子に語る近現代史』トランスビュー、2009,ISBN 9784901510776
  • 織田信長 最後の茶会 「本能寺の変」前日に何が起きたか』光文社新書、2009
  • と戦国と大河 日本史を「外」から問い直す』光文社新書、2011
  • 『歴史を動かす』亜紀書房、2011

編著[編集]

  • 『知識人の諸相 中国宋代を基点として』 伊原弘共編 勉誠出版 2001
  • 『義経から一豊へ 大河ドラマを海域にひらく』 勉誠出版 2006
  • 『中国思想史』 溝口雄三池田知久共著 東京大学出版会 2007