松沢弘陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松沢 弘陽(まつざわ ひろあき、1930年昭和5年) - )は、日本政治学者。専門は、政治思想史。北海道大学名誉教授。「松澤 弘陽」とも表記される。

略歴[編集]

この他に小樽商科大学北海道教育大学札幌大学法学部・北星女子短期大学東京都立大学法学部・名古屋大学法学部東北大学文学部京都大学文学部・大阪大学文学部の非常勤講師も務めた。

研究・業績[編集]

専門は日本における近代政治思想史だが、近代政治思想史全般に精通する。特に内村鑑三福沢諭吉の研究が有名。この他、丸山の業績を整理紹介している。また思想の科学研究会の共同研究「転向」にも参加した。後年は、日本政治史も研究対象としていた。

受賞歴[編集]

  • 城戸浩太郎賞受賞(1960年)

著書[編集]

  • 『日本社会主義の思想』(筑摩書房 1973年)
  • 『内村鑑三全集 全40巻』(分担執筆担当、岩波書店 1980年~1984年)
  • 中江兆民全集 全17巻』(共編、岩波書店 1984年~1986年)
  • 『日本政治思想』(放送大学教育振興会 1989年初版・1993年改訂版)
  • 『近代日本の形成と西洋経験』(岩波書店 1993年)

など多数

参考文献[編集]

  • 『北大法学論集 第43巻第6号』(北海道大学法学部 1993年)

門下生[編集]

外部リンク[編集]