文明論之概略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『文明論之概略』
(ぶんめいろんのがいりゃく)
初版の表紙。1875年(明治8年)発行。
初版の表紙。1875年(明治8年)発行。
著者 福澤諭吉
訳者 デヴィッド・A・ディルワース
G・キャメロン・ハースト、III
発行日 1875年(明治8年)8月20日
発行元 福澤諭吉蔵版
ジャンル 思想書
言語 日本の旗 日本
形態 和装本
コード ISBN 4-00-331021-7
ISBN 4-00-007165-3
ISBN 4-7664-0880-2
ISBN 978-4-7664-1624-4
Portal.svg ウィキポータル 思想
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

文明論之概略』(ぶんめいろんのがいりゃく)は、福澤諭吉の著書。全10章。初版は1875年(明治8年)に刊行。

西洋と日本の文明を比較した文明論説で、1877年刊行の田口卯吉(鼎軒)『日本開化小史』と共に、明治初期(文明開化期)の在野史学における代表的な著作とされる。

構成[編集]

緒 言
巻之一
第一章 議論の本位を定る事
第二章 西洋の文明を目的とする事
第三章 文明の本旨を論ず
巻之二
第四章 一国人民の智徳を論ず
第五章 前論の続
巻之三
第六章 智徳の弁
巻之四
第七章 智徳の行わるべき時代と場所とを論ず
第八章 西洋文明の由来
巻之五
第九章 日本文明の由来
巻之六
第十章 自国の独立を論ず

内容[編集]

「万世一系」論[編集]

[1]

明治時代の多くの知識人は、皇室の永続性というドグマを受け入れ、誇りとしており、福澤諭吉も、皇室の永続性は近代化を推進する要素だと見なしていた。『文明論之概略』の「第2章 西洋の文明を目的とする事」の一節にて、福澤諭吉は以下の持論を展開している。

我国の皇統は国体とともに連綿れんめんとして外国に比類なし。……君[と]国[との]並立の国体といいて可なり。しかりといえども……これを墨守ぼくしゅしてしりぞくは、これを活用して進むにしかず。……君国並立のとうと由縁ゆえんは、古来わが国に固有なるがゆえに貴きにあらず。これを維持してわが政権をたもち、わが文明を進むべきがゆえに貴きなり。 — 福澤諭吉『文明論之概略』

ただ、国の紀元についてのドグマは、その信奉を強制されていたわけではない。日本国外でだが、新渡戸稲造は公式の場で紀元の正確さに疑問を呈している。

現行版[編集]

関連文献[編集]

翻訳[編集]

  • 福泽谕吉 (1982年6月北京第3次印刷;1995年3月北京第6次印刷) (中国語). 文明论概略. 汉译世界学术名著丛书. 北京编译社译. 商务印书馆. ISBN 7100013038. 
  • 福泽谕吉 (2001) (中国語). 福泽谕吉与文明论概略. 人之初名著导读丛书. 鲍成学 刘在平 编著. 中国少年儿童出版社. ISBN 7500755996. 
  • Fukuzawa, Yukichi (2008-11-11) (英語). An Outline of a Theory of Civilization. David A. Dilworth, G. Cameron Hurst, III. Tokyo: Keio University Press. ISBN 978-4-7664-1560-5. http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766415605/. 
  • 福沢諭吉(후쿠자와 유키치) (2012-06-01) (韓国語). 福沢諭吉の文明論(후쿠자와 유키치의 문명론. チョン・ミョンファン(정명환)訳. ギパラン社(기파랑 펴냄). ISBN 9788965239314. 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この章は、ベン・アミー・シロニー Ben‐Ami Shillony『母なる天皇―女性的君主制の過去・現在・未来』、30-32頁。「第8章の冒頭『日本王朝の太古的古さ』」を参照(大谷堅志郎訳、講談社、2003年)。

外部リンク[編集]

近代デジタルライブラリー[編集]