瀬川信久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬川 信久(せがわ のぶひさ、1947年12月22日 - )は、日本法学者。専門は民法法学博士東京大学)。北海道大学早稲田大学名誉教授日本学士院会員。岐阜県高山市出身。

略歴[編集]

略歴は以下のとおり[1]

この他に、適格消費者団体 認定NPO法人消費者支援ネット北海道の初代理事長も務めた。

活動[編集]

司法試験考査委員、法制審議会委員を歴任。

研究領域[編集]

不動産附合法の研究にはじまり、借地法、不法行為法、金融法のほか、消費者法知的財産法までも研究対象としている。また、法解釈方法論についても多数の研究業績をあげている。

受賞歴[編集]

  • 市政調査会藤田賞 (1996年)
  • 日本不動産学会著作賞 (1997年)

主著[編集]

  • 『不動産附合法の研究』 (有斐閣、1981年)
  • 『日本の借地』 (有斐閣、1995年)
  • 『民法判例集 担保物権・債権総論 (第2版)』(内田貴他と共著、有斐閣、2004年)
  • 『民法判例集 債権各論(第3版)』(内田貴他と共著、有斐閣、2008年) 
  • 『事例研究 民事法』(日本評論社、2008年)

ほか多数

門下生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 瀬川信久先生の民法学 : その経歴と業績 『北大法学論集 第61巻第6号』

外部リンク[編集]